ファンドレイズの達人に訊く!資金集めを成功させる秘訣

[English] 曇り空のまだ寒い東京において、Room to Readのイベント委員会メンバーのミシェル・クック(Michelle Cook)さんと、ジュリアンナ・マーティン(Julianne Martin)さんにインタビューする機会を得た。東京よりはるかに暖かい東南アジア、南アジア、アフリカで暮らす子供たちが、今ではRoom to Readによって建設された学校へ毎朝通うことができるようになっている。その基金集めとして2008年に行われたオークションイベントの代表者を務めたのがこの二人なのだ。「教育こそが貧困脱出のための最も効果的な方法である」という共通の見解のもと、貧困に苦しむ子供たちのために行うRoom to Readの活動に最近の経済的状況がどのような影響を与えうるか、ということについて話い合いました。 まずMichelleさんは世界を‘自分の街’とする「世界市民」であるといっていいだろう。ニュージーランド生まれの彼女は、10年かけて世界中、特に中東を旅してきた。大学を卒業後、New Zealand’s Africa CenterというNPO団体で職を得て、ロビー活動(私的政治活動)やネットワーク拡大のための活動を行なっていた。また、カイロにあるスーダン難民キャンプで英語の教師として働いた経験もある。そしてその経験は、当時二人の幼い女の子の母親であった彼女に、子どもたちへの教育のための基金集めを決意させるきっかけとなった。一方、カナダ人のJulianneは14年間日本に住みつづけている。彼女は当初、イギリスの投資銀行の人事担当として日本に赴任した。しかし2004年に退職し、現在は三人の子供の育児に専念している。彼女は日本に長く滞在する間、日本という国と、その文化に対する深い愛と尊敬の念を持つようになったという。 MichelleとJulianneはともに、非常に有能なまとめ役で、他のRoom to Readのスタッフとともに、2008年5月に行ったファンドレイズ・イベントでは5300万円の資金集めに成功した。この成功の秘訣を尋ねると、Michelleはすぐにこう答えた。「いかに関係性を構築するか、でしょう。寄付者と個人的に友好な関係をつくり、彼らを友人のように扱うことが大切なのです。」例えば昨年5月のファンドレイズ・イベントでは、委員会は招待客のターゲットリストを作り、メンバーたちは彼らへ招待の連絡を個人のメールのやりとりにおいて行ったという。また彼女は、「コストを低く保つこと」そして「可能な限りプロフェッショナルに、スポンサーや寄付者たちを扱うこと。というのも、彼らに是非別の機会でもサポートをお願いしたいですから」というアドバイスをくれた。そして最後に、「Room to Readは世界的な活動であり、あなたがその一員として、またファンドレイズ・イベントの運営者として行うすべての活動や行動は、世界中のRoom to Readに影響を与えるのです」と話してくれた。Julianneもまた、Michelleと同様に寄付者と良い関係を作ることが大切だと考え、彼女は成功のレシピとして、献身的な活動の他にも、イベントにおけるジョン・ウッドの存在や、モチベーションが高く寛大な寄付者たちを挙げていた。 しかしもちろん、アドバイスをそのまま実行することは簡単ではないかもしれない。コストを低く抑えるためには、業務が増えるし、努力を伴う。また特に、サポーター同士が異なった母国語を話し、それぞれの異なった興味やスキル、そしてスケジュールの中で活動を行うにはファンドレイズ・チーム内の協調性を保つ、といったことも大きな課題となってくる。 会話の中で、MichelleさんとJulianneさんは、300人以上のゲストを集めたこの忘れがたい夜のについて何度も語ってくれた。最も印象深かったことを尋ねると、Julianneさんはたくさんあったなかでも、ジョン・ウッドがオークションのためにステージに上がった時の会場の反応をあげてくれた。満員の会場からは次々と落札者の札が上げられ、その間をスポッターが忙しく駆け回る様子は、まるで先月までの彼女たちの働きを称賛するかのようだったという。またMichelleさんは、「ジョン・ウッドが10年間の奨学金をオークションにかけると、会場からすぐに30人の手があがり挙手の海のようでした。何でもそれは、少女の奨学金300年分にも相当する額になるのですよ!」と語ってくれた。 自らのファンドレイズ・イベントを行いたいと思っている人たちへのアドバイスとして、Julianneさんは最初に「決断力」という言葉をあげてくれた。他にも彼女は、招待者リストの重要性も指摘している。また、「入場料をもらわないことの大きな落とし穴は、出席する直前に気持ちを変えたとしても、その人達が義務感や罪悪感を感じないことです。おかげで私たちは想定以上の参加の申し込みを頂き、当日も満員状態になったのです」と語ってくれた。Michelleさんは、「自分のゲストがどれだけ心地良さを感じているか、ということにより意識をむけてほしい。」とアドバイスした。 「どんな状態で会場まで足を運び、どんな状態で会場をあとにするか、ということを参加者は一番覚えているでしょう。だからこそ、ゲストが入場しやすく、そして帰る前の寄付を行いやすくしてあげることが大切。それから、スピーチを可能な限り短く、必要最低限の長さにすることもとても大事です」とアドバイスをくれた。

(取材&文:Katharina Viana-Bachmann 翻訳:福井彩乃)

What makes a fundraising event successful? ~an interview with fundraising masters : Michelle and Julianne ~ While sitting in gray and cold Tokyo, I talk with Michelle Cook, member of Room to Read’s event committee, and

Julianne Martin, who was in charge of the live auction for last year’s grand fundraising event, about the children in Southeast Asia, South Asia and Africa that woke up this morning in much warmer temperatures to go to their Room to Read schools. We agree that education is the most effective way to eliminate poverty, and discuss how the current economical challenges could affect Room to Read’s fundraising for these children. I think I can describe Michelle as a citizen of the world. She is originally from New Zealand but traveled the world for ten years, mostly in the Middle East. Michelle’s first job after university was with the New Zealand’s Africa Center, a non-profit-organization for which she did lobbying and networking. She also worked as an English teacher in a Sudanese refugee camp in Cairo, an experience that influenced this mother of two young girls to commit to raising funds for children’s education. Julianne, who is Canadian, has lived in Japan for fourteen years. When she first came to Japan, she worked in human resources for a British investment bank. In 2004 she stopped working, and now she enjoys being a full-time mom to two little boys. Over the course of her many years in Japan, Julianne has developed a profound love and respect for this country and its culture. Michelle and Julianne are talented organizers. With the help of other Room to Read friends, they raised 53.000.000 yen at last May’s large fundraising event. When I ask for the secrets of their success, Michelle answers spontaneously: “Relationships. Build personal relationships to your donors and treat them like your friends.” For last May’s fundraising event, for example, the committee compiled a targeted invite list and then had committee members send personal emails to the invitees. She also advises: “keep it low cost” and “do it as professional as possible by treating your sponsors and suppliers very well, because you might like them to come back another time”. Finally she points out “Room to Read is a global brand and everything you do while organizing and hosting a fundraising event reflects on Room to Read.” Julianne agrees with Michelle on the importance of a good relationship to the donors. Her recipe for success includes hard work, the presence of John Wood at the event, and motivated and generous donors. Of course, following these recommendations may not be easy. Keeping things low cost, for example, requires significant additional work and effort. Coordination within the fundraising team can also be a challenge, especially when volunteers do not speak the same native language and have different interests, skills and schedules. While we speak, I notice that Michelle and Julianne keep returning to this unforgettable evening attended by more than 300 guests. I ask about their most memorable moment. For Julianne, there were many moments. She recalls, for example, the reaction in the room after John took the stage for the program portion of the auction. Watching paddle after paddle being rise up and busy spotters, rush from bidder to bidder felt like an enormous reward for the hard work of the previous months. Michelle also remembers “this sea of hands when John auctioned the ten year scholarship and instantly thirty people raised their hands. That was 300 years of girls’ scholarship! ”. Finally I ask Michelle and Julianne to offer advice to our readers who might want to organize their own fundraising event. “Determination” is the first word that occurs to Julianne. She also mentions the importance of the invite list. “The big danger in not charging admission to an event is that people feel no real obligation to go if they change their mind at the last minute. We very successfully overbooked and ended up with a full house.” Michelle advises: “Be very conscious about your guests’ comfort level; how people arrive and how people leave will be what they remember. So make it easy for your guests to enter and to pay before they leave. And last but not least, keep the speeches as short as possible and as long as necessary.”

( by Katharina Viana-Bachmann translation by Ayano Fukui)