【ファーストレディ:Michelle Obamaの教え】Room to Read Blog(English)記事紹介シリーズ

<ルーム・トゥ・リードが支援する学校で女子学生と対談するミシェル・オバマ大統領夫人>
<ルーム・トゥ・リードが支援する学校で女子学生と対談するミシェル・オバマ大統領夫人>

 
カンボジア・シェムリアップ郊外に伸びる赤土の道路の先の小さな村で、Phounamという名の18歳の女の子は日の出前に起きる生活をしています。彼女は井戸から大きなバケツいっぱいの水を2杯汲み上げ、入浴するのに使います。きれいな制服に着替え、丁寧に髪を櫛でときポニーテールにし、木造の家の階段を降りていきます。いつもであれば学校まで30分自転車をこいで向かうのですが、今日はいつもとは違います。シェムリアップのどこかで、アメリカのファーストレディが起床し、Phounamや彼女のような女の子たち9人と会う準備をしているのです。
その女の子たちは全員ルーム・トゥ・リードの女子教育プログラムに参加しており、中等学校の始めからサポートを受けています。今、彼女たちは卒業を控えていますが、この岐路まで来れたのは彼女たちの村の中でもごくわずかな人数です。事実、カンボジアではわずか36%しか中等学校に通う女子生徒はいません。そして全国の生徒の20%しか卒業していないのです- その内のわずか4分の1が女の子なのです。
“【ファーストレディ:Michelle Obamaの教え】Room to Read Blog(English)記事紹介シリーズ” の続きを読む