【知らされていなかった結婚式】Room to Read Blog(English)記事紹介シリーズ

Sushmita
Sushmita

ネパールのバルディアに住むSushmita は、朝起きた時その日が自分の結婚式の日だとは思いもしませんでした。しかし多くの人は知っていたのです。
Sushmita の両親は知っていました。コミュニティの皆が賛同せず、その結婚を妨げてくると分かっていても、2人は密かに急いでその結婚式を計画していたのです。もちろん彼らの娘である花嫁も認めないだろうと分かっていました。Sushmita がわずか13歳だろうと、彼女が勉強を続けたいと思っていようと関係ありませんでした。花婿が外部の男で彼女より一回り年上でも、彼がSushmita に学校を辞めて専業主婦になってもらいたいと思っていても関係ありませんでした。両親は花婿の家族から既にお金を受け取っていたのです。彼女の両親はお金が必要で、これがSushmitaの一番で唯一の選択だと信じていました。
しかしながら、お客様や花婿の家族が集まり始めると、13歳の花嫁(予定)はどこを探しても見つかりませんでした。友人たちがSushmitaに結婚式について朝早くに警告していたのです。彼女は自分の生活が終わってしまうという恐怖でSushmitaは涙を流して叔父の家に駆け込みました。結婚式を進めると決意している両親は、会場を叔父の家に移してまで彼女を見つけようとしました。Sushmitaに逃げ場は無いように見えました。彼女はこの見知らぬ年上の男性と結婚し、医者になるという夢を諦めなければならないでしょう。見た目だけ喜ばしい式の装飾に囲まれて、彼女は衣装を着せられ儀礼用のティカ(額につける赤朱色の印)を全てのお客様と共につけられました。しかしこれはSushmitaにとってはお祝いではありません。災難でした。
“【知らされていなかった結婚式】Room to Read Blog(English)記事紹介シリーズ”の続きを読む