【アビームコンサルティング様がカンボジアの支援校を訪問】

アビームコンサルティングの皆さんと、女子教育プログラムの生徒達(8年生)、中等学校の副校長、ルーム・トゥ・リードのカントリーディレクター、ソーシャルモビライザーetc
アビームコンサルティングの皆さんと、女子教育プログラムの生徒達(8年生)、中等学校の副校長、ルーム・トゥ・リードのカントリーディレクター、ソーシャルモビライザーetc

 

2016年11月、長年の企業パートナーのアビームコンサルティングの皆さんが、カンボジア コンポントム州を訪問。小学校でのクメール語の授業、中等学校での女子教育のワークショップ、そして村で生徒達が小さな子たちに読み聞かせボランティアをする様子まで、実際に見て、参加もして、子ども達ともたくさん交流してくださいました!
アビームの皆さんの優しい笑顔、子ども達の元気で一生懸命な姿、女子生徒の堂々とした発表、教師や保護者の真剣で誇らしそうな眼差しがとても印象的でした。


女子教育プログラムの生徒達は、プログラムの一環で「Reaing Aloud」(読み聞かせ)のトレーニングを受け、それを村の小さな子ども達(4歳から6歳くらい)にボランティアで実践しています。女子生徒にとっては教えることで学び、子ども達にとっては文字を学ぶ前に本に親しみや読書の楽しさを知ることになります。小さな子達の注意をつねに向けさせるテクニックをふんだんに取り入れ、堂々と、笑顔にあふれていました。

小学校の図書室で、4年生の子達がクメール語の本を読んでくれました。
小学校の図書室で、4年生の子達がクメール語の本を読んでくれました。
アビームの皆さんが、折り紙の折り方を教えてくれました。
アビームの皆さんが、折り紙の折り方を教えてくれました。
鶴や飛行機、手裏剣など、みんな上手に折ることができました。
鶴や飛行機、手裏剣など、みんな上手に折ることができました。

 

▼アビームコンサルティング様のCSR – 途上国への教育支援 については、こちらをご覧ください。
http://abeam.com/csr/rtr.html
アビームコンサルティング様には、2008年から寄付およびプロボノ(スキルを活かしたボランティア)を通じて継続的にサポートをいただいています。