Flowers for Education – クリスマス・アレンジメントレッスン

[English]

クリスマスに向けて、多くの雑誌にも紹介されている銀座のお花屋さんAux Amis Fleurs(オザミフルール)の協力のもとご好評いただいておりますFlowers for Educationを開催いたします。

?クリスマス・アレンジメントレッスン?
パリのお花屋さんのようなお洒落なフラワーショップで、華やかなリース、ツリー作りにチャレンジしてみませんか?
今年は自分流にアレンジして、クリスマスの彩りに。 “Flowers for Education – クリスマス・アレンジメントレッスン”の続きを読む

ファンドレイズの達人に訊く!資金集めを成功させる秘訣

[English] 曇り空のまだ寒い東京において、Room to Readのイベント委員会メンバーのミシェル・クック(Michelle Cook)さんと、ジュリアンナ・マーティン(Julianne Martin)さんにインタビューする機会を得た。東京よりはるかに暖かい東南アジア、南アジア、アフリカで暮らす子供たちが、今ではRoom to Readによって建設された学校へ毎朝通うことができるようになっている。その基金集めとして2008年に行われたオークションイベントの代表者を務めたのがこの二人なのだ。「教育こそが貧困脱出のための最も効果的な方法である」という共通の見解のもと、貧困に苦しむ子供たちのために行うRoom to Readの活動に最近の経済的状況がどのような影響を与えうるか、ということについて話い合いました。 “ファンドレイズの達人に訊く!資金集めを成功させる秘訣”の続きを読む

スーパー・ファンドレイザー山本未奈子さんが語る イベントの舞台裏

[English]

2008年10月4日、エストネーション銀座店で行われたチャリティオークションは、来店者数250人、寄付総額1,000万円と目標金額を大きく上回る大成功を収めました。このイベントをプロデュースした、ルーム・トゥ・リード、イベント委員会メンバーの山本未奈子さんに、実現までの道のりと成功に至った秘訣をうかがいました。

Q. ルーム・トゥ・リードを知ったきっかけは?
山本未奈子(以下、YM): 中学・高校・大学時代をロンドンで過ごし、結婚後はニューヨークで暮らしていました。海外では、多くの人たちが日常生活の中で当たり前のようにチャリティ活動をおこなっていて、私も何かやりたいと常々考えていたんです。そんなとき、友人でNY在住のジャーナリスト、コモンるみさんを通じてジョン・ウッドの本(『マイクロソフトでは出会えなかった天職』)のことを知りました。本を読んで、ジョンの夢とルーム・トゥ・リードの活動に感銘を受け、自分にも何かできることはないかと思い始めました。 “スーパー・ファンドレイザー山本未奈子さんが語る イベントの舞台裏”の続きを読む

イベント委員会

[English]

11月21日
イベント委員会は東京アメリカンクラブでToriizaka Art(www.toriizakaart.com)ギャラリーの絵画展のお手伝いしました。ベトナムの画家Dao Hai Phong さんとNguyen Thanh Binhさんによる 54点の素晴らしい作品が発表され、Dai Haiさんと奥様のThuyさんを囲むレセプションが開催されました。80人ものベトナム絵画愛好家とRoom to Readの仲間が集まり、絵画展の収益がRoom to Readのベトナムのプログラムに寄付されます。
(by Katharina)
“イベント委員会”の続きを読む

サポーター連絡委員会

懇親会に向けて打ち合わせ中

11月23日(月・祝) AM11:00
来る12/1ジョン・ウッド来日イベントに備え、開場下見とミーティングを行いました。
東京チャプター始まって以来初のジョン参加によるサポーター向け懇親会になります!
和やかな雰囲気の中、プロジェクトチームの懇親会チームを中心に17名で活発な意見交換が行われました。

会場を貸しくださるスタジアムプレイスの井上様のご厚意で、会場の使用時間を大幅に融通きかせて頂けることになりました。本当にありがとうございました。
当日は各委員会のブースを設置して委員会リーダーに気軽に質問したり話ができるようにいたします。参加可能なイベントの紹介もあります。
私たちの努力やワクワクが楽しいイベントとして伝わるといいなと思います。
ぜひご期待ください!
(by Akiko)