「Read-a-thon project / Kick-off Pizza Party」のお知らせ


「Read-a-thon」(読書マラソン)というチャリティ活動をご存じですか?欧米の学校では一般的なチャリティ活動で、子どもの読書習慣をつける上でも大変役立つとして、広く受け入れられています。子ども達のチャリティ活動があまり活発ではない日本ですが、「Read-a-thon」のように親子で取り組めるアクティビティを通して、途上国の現状についてのみならず、日本についても考える大変良い機会になると考えます。

この度、MamaBAで「Read-a-thon project / Kick-off Pizza Party」を開催することになりました!途上国の子ども達の教育支援をしている国際NPO「Room to Read」のアジア・パシフィック担当Development Directorを香港から迎えて、Room to Readが支援している途上国の子ども達についてお話頂くとともに、Read-a-thonを含め、日本の子ども達が取り組めるようなチャリティ活動についてもご紹介頂きたいと思います。

日本でもRead-a-thonを広めたい!と思われる方、Read-a-thonにご興味のある方は、ぜひKick-off Pizza Partyにご参加ください。これから一緒に、Read-a-thonを日本で広めて行きましょう!
お子様の年齢に関わらず参加可能です。(未就学児から大学生まで!)もちろん、大人のみの参加も可能ですので、お気軽にご参加ください。

【概要】
■日時:2015年4月1日(水)18:00 〜 20:00
■場所:東京都新宿区西新宿6-15-1 Viling Venture Partners, Inc.
■参加費:(Pizza/飲み物代などの実費を除く参加費は、全額Room to Readに寄付致します。)
一般大人:2,000円/同伴のお子様:1,000円
MamaBAメンバー大人:1,500円/同伴のお子様:1,000円
(無料メンバー登録はこちら:
http://www.orionsbelt.co.jp/obt_widget/mamaba/mamabasignupform

お申し込みはこちら
http://goo.gl/forms/R8VD5st9Rr

詳細はこちら:
http://blog.oricon.co.jp/mamabatokyo/_pages/user/iphone/article?article_id=6885754

Room to Readの公式サイトはこちら:
http://japan.roomtoread.org/

[Room to Read’s Meet & Greet] サポーターズナイト ーカンボジアからの学生を迎えてー -An Evening of Education, Networking and Inspiration-

Cambodia
Cambodia
[English] ルーム・トゥ・リードの女子教育プログラムの卒業生Sreymom(スレイマン)がカンボジアから来日します。 彼女はジョン・ウッドの2冊目の著書にも登場する、強い意思と情熱をもった女性です。 日本の素晴らしいサポーターの方々に彼女に会っていただき、そして皆さま同士が知り合っていただく機会になります。 ぜひご参加ください! 日時:2015年4月2日(木) 20:00-22:00 (受付開始 19:45) 会場:TENOHA代官山 Labスペース http://tenoha.jp/access/ ※受付はカフェスペースにて行います。 前売り券:おひとり様 2,500円 – ビュッフェ形式の軽食と2ドリンクを含みます。 当日券:3,000円 参加対象:ルーム・トゥ・リードを応援してくださっている方や、関心をお持ちのすべての皆さま ※当日の進行は日・英両方で行わせていただきます。 >>>チケットのご購入はこちらから http://april2rtr.peatix.com/ サポーターズナイトでは、女子教育プログラム卒業生Sreymomより彼女自身の経験を映像とともにお話させていただきます。 また、ルーム・トゥ・リード・ジャパン 事務局代表の松丸からのご挨拶、ルーム・トゥ・リード・カンボジアのスタッフから現地での活動報告の他、気軽に出来る活動方法の紹介などもシェアさせていただきます。 現在サポーターをしてくださっている皆様の活動を広げる場として、 そして今後サポーターとして活動に興味がある、という皆様のきっかけの場として、 是非お誘いあわせの上ご参加ください。 “[Room to Read’s Meet & Greet] サポーターズナイト ーカンボジアからの学生を迎えてー -An Evening of Education, Networking and Inspiration-” の続きを読む

カフェ英会話♪「超速音読」出版記念講演のご案内

   participants
participants

   books
books


【ご報告】 2015.3.29
3月21日(土)、カフェ英会話♪の長年の参加者、野島裕昭さんの出版記念講演をRoom to Read用のファンドレイジングイベントとして開催しました。 なんと寄付額は4万1千円になりました!
ご参加くださった皆様、ご協力頂きましてありがとうございました。

執筆された本に関して、どのように英語を身につけたか、どのように英語力を維持しているか、どんな教材がいいのかなど、詳しくお話してくださいました。 参加者は30名に上り、熱い会場になりました。
==========================================================================
Room to Readをサポートしてくださっているカフェ英会話♪さんからの、ファンドレイジングイベントのご案内です。 カフェ英会話♪の長年の参加者、野島裕昭さんが2冊目の本「超速音読」を出版されました。この出版を記念したファンドレイジングイベントを開催します。
留学経験なしで、独学でネイティブスピーカー並みの英語をマスターされた野島さん。 本書では、音読をいかに上手く取り入れて上達されたか、わかりやすい文章で細かいtipsが書かれています。 今回の講演では、野島さんの1冊目・2冊目の概要と、英語学習における様々な秘訣をご紹介いただきます。
ファンドレイジングイベントとして開催するため、ドリンク代を除いた全ての参加費(1人1,500円を予定)がカフェ英会話♪を通じて国際NGO Room to Readに寄付されます。 皆さんの学びが途上国の子どもたちの学びに役立つ、素敵な機会です(^o^)/ ふるってご参加ください!
【概要】
日時:3月21日(土) 12時45分受付開始、13時~14時半
場所:ゆめいろカフェ@新大久保 http://shinokubo-commu.com/cafe
参加費:2,000円(ドリンク、寄付を含む)
定員:40名
申し込み:こちらの申し込みフォームから「ファンドレイジング」を選んでください。 http://cafeeikaiwa.jp/Mousikomi.html
※このイベントは、ルーム・トゥ・リードのサポーター(ボランティア)による自主企画です。
>>詳細はこちら http://ameblo.jp/cafeahiroba/entry-11996616798.html
カフェ英会話♪ http://cafeeikaiwa.jp
カフェ英会話♪は途上国での学校建設、図書館建設 等のプログラムを実施している国際NGO団体 Room to Read をサポートしています☆ 英語の小ネタ満載のカフェ英♪Facebookページへ の”いいね!”の数や、 カフェ英♪への参加の回数に応じて毎月寄付を行っています。 昨年2014年は1年間で100万円をRoom to Readに寄付。アジアに図書室を2つ作る事ができました♪

「学びをシェア」「ブックバトンプロジェクト」活動中!!

藤瀬 美奈(ふじせ みな)さん
     藤瀬 美奈(ふじせ みな)さん

今回は、佐賀県でパソコン教室ふじせを経営しながらルーム・トゥ・リードをサポートしてくださっている藤瀬美奈さんをご紹介いたします。
—–
Q.活動を始められたきっかけは何ですか?
A. 2013年より教室に導入している読書支援学習システム「わくわく文庫」を提供していただいている、(株)日本コスモトピアの下向峰子社長からルーム・トゥ・リードの素晴らしさを教えていただきました。
当初は「わくわく文庫」で10冊読み終えると1冊寄付されることだけの貢献でした。
素晴らしい取り組みだと思ってしばらく使っていくうち、10冊ごとに「世界のおともだちに本がとどきます」の画面を見ると、子どもも一般の方も、とても喜ばれ、もっともっと読みたいと言ってもらうようになりました。
そうしているうちに、実際は私からの寄付ではなく、(株)日本コスモトピアさんの負担となることで良心が痛むようになり、会社や教室でもボランティア活動をしようと思いはじめ、創設者のジョン・ウッド氏がマイクロソフトの元幹部だったことにご縁を感じ本格的に参加することに決めました。
教室のみんなが学んで実力をつけて、検定や試験に合格できた喜びを【学びをシェア】と名付けて、募金をすることにし続けています。
また、ブックバトンプロジェクトにおいては、期間を決めて、担当者を子ども中から選抜し、本を集める広報・管理や整理・配送の準備などを全て行ってもらい、経過を写真などで記録を残し、
ボランティア期間が終了したら、自分の行ったボランティア活動の報告プレゼンテーション資料をパワーポイントで作成し、プレゼンをすることで、パソコンの活用と表現力アップにつながると考え、行うことにしました。
そして、最後にボランティアに参加した子ども達には、私の会社(株)アイ.リフルから<ボランティア活動認定書>を発行して、しっかり形に残してあげたいと思い、2014年末から始めた次第です。
子ども達に、世界を少しでも意識して、広い心の持ち主になってもらいたく、試行錯誤の中、ルーム・トゥ・リード・ジャパンとの出会いは、ありがたい限りです。
この活動に参加することで子ども達に「味わい深い人生をおくってほしい」と常に願う気持ちが叶う様な気がしています。

Q.お気に入りの本は何ですか?
A.『ほんとうの空色』です。あまり知られていないこの本はハンガリーの詩人・作家バラージュの名作です。
母親と二人暮らしの貧しい生活をしているフィルコーが手に入れたのは、塗ると本当の空になる不思議な絵の具でした。
この絵の具で描いた空は、朝は太陽が昇り、夕方になると日が沈む。そして夜には月が出て星が輝き、曇りの空・雨の空。
この絵の具を手に入れたことで、さまざまな経験し、淡い恋にも包まれる。
そして、最後は思いもよらない終わり方。
純粋な子ども心満載、ほろ苦く、みずみずしい作品です。
教室の速読聴教材≪わくわく文庫≫でこの名作を読んだ子どもも大人も、みんなとりこになる素敵な本ですが、知名度が低いことが残念で、子ども達と「『ほんとうの空色』をひろめる活動」を始めることにしました。
まずは、冬休みの宿題の読書感想文を揃って『ほんとうの空色』で。
今後、パソコン教室ふじせのFacebookでこの本の素晴らしさを語って、「いいね!」集めをしようと思案中です。
もし投稿を見かけられたら、ぜひ「いいね!」を押してもえたら光栄です☆
そして、ぜひこの心温まる素敵な本を手にしてもらえたら嬉しい限りです。

—–

ルーム・トゥ・リードへのご支援を、教室の子どもたちのモチベーション向上につなげられている藤瀬さんの活動は、今後も見逃せません。
皆さまも、パソコン教室ふじせとルーム・トゥ・リードを今後ともよろしくお願い致します♪

▼パソコン教室ふじせ(Facebook)
https://www.facebook.com/pcfujise
▼パソコン教室ふじせ(ブログ)
http://pc-fujise.com/diary/
▼ブックバトンプロジェクトの詳細はこちら
http://japan.roomtoread.org/campaign/bookbaton
▼㈱日本コスモトピア「わくわく文庫」の詳細はこちら
http://www.cosmotopia.co.jp/mission/room-to-read/

Beers for Booksのお知らせ@FooTNiK in 恵比寿

[English]
Beers For Books のイベントのお知らせです。恵比寿のFooTNiK で食事と飲み物を気楽に楽しみながら、発展途上国の子供たちに本を贈るイベントです。

会場のFooTNiKは、友人たちと一杯飲みながら過ごすにはもってこいのあったかい雰囲気のイギリス風パブ(居酒屋)です。

ビアーズ・フォー・ブックスのコンセプトは至ってシンプル!
皆さんの飲むビール1杯につき100円がRoom to Readに寄付され、発展途上国の子ども達に現地語で書かれた児童書の作成、図書館・学校建設の費用にあてられます。

日時: 2月28日(土) 17:00 ~ 23:00
場所: The FooTNiK Ebisu http://www.footnik.net/index.php/japanese/
住所:東京都 渋谷区恵比寿1-11-2 アサヒビル 1F


詳細は、こちら。
https://www.facebook.com/events/1546487548936161/
http://beersforbooks.ning.com/events/beers-for-books-the-footnik-in-ebisu-1

※このイベントは、ルーム・トゥ・リードのサポーター(ボランティア)による自主企画です。
“Beers for Booksのお知らせ@FooTNiK in 恵比寿” の続きを読む