《少女たちの未来のために、あなたの応援を、待ってます❣️》

Room to Read action for Education

5月の1か月間、世界中のルーム・トゥ・リードが
『ジェンダー平等を前進させよう!』キャンペーンを一斉に展開しています!
https://give.roomtoread.org/stepupjp2021

「自分のできること、やりたいこと、好きなこと」をやって、ファンドレイズ(募金活動)するチャレンジが、続々と、始まってます!

少女たちの未来のために、
チャレンジャー達を応援(共鳴して活動に参加する/寄付をする)してください🎈

あなたが起こすアクションは、多くの人を巻き込み世界の子どもたちの人生を変える可能性を秘めています。

ぜひこの機会に世界を変えるためのアクションを起こしてみませんか?

一部ですが、応援したくなるチャレンジを、こちらで紹介します。

表示されているURLまたは写真をクリックすると、それぞれのチャレンジページに飛んで行きます。

★Manami Yamaguchi
https://give.roomtoread.org/fundraiser/3255588

Manami Yamaguchi

【コツコツ筋トレ1ヶ月チャレンジ】

1年前に筋トレを開始し、今月で1周年。
一年継続できた自分を祝福し、さらにポジティブな輪を広げるために、
筋トレを通して「ジェンダー平等の実現」のために、
チャリティーアクションにチャレンジすることにしました!

★松本晃秀(コーチひで)
https://give.roomtoread.org/fundraiser/3231479

松本晃秀(コーチひで)

TOEICスコアアップして「ジェンダー平等」に向けてアクションする!

5月30日(日)夜にチャリティ「TOEIC®テストスコアアップ講座」を開催します。

★Satoko Harajiri
https://give.roomtoread.org/fundraiser/3205862

Satoko Harajiri

読書マラソン&子供服や食料の寄付をします!

 

◆チーム  読書マラソン Read-a-thon for gender equality!
https://give.roomtoread.org/team/351428

読書マラソン Read-a-thon for gender equality!

読書マラソンを通じて、少女達の未来を守るために1か月間アクションをします!

★(1)Kaho Matsumaru
https://give.roomtoread.org/fundraiser/3202574

Kaho Matsumaru

ジェンダー平等に向けて5月に読書マラソンをします!

大好きな本やマンガが自由に読める人生に感謝を込めて、読書マラソンを通じて、少女達の未来を守るためにアクションします!

★(2)Masayuki Higa
https://give.roomtoread.org/fundraiser/3235445

Masayuki Higa

期間中に読んだ本(ノンフィクション、社会学系学術本、海外翻訳小説)の金額を寄付します。
応援していただいた方には、読んだ本のリスト(ショートリコメンド付き)をお送りします。

★(3)masami amber
https://give.roomtoread.org/fundraiser/3252048

masami amber

お家deひとりB4B/ Solo B4B@home

“お家deひとりB4B”というアイデアを思いつきました。どうせ毎日飲むのであれば、同時に寄付ができたら!と。そこで、今月家で一杯飲むごとに100円を寄付することにしました。
読書マラソンのチームにも参加しました…つまり、今月は大義名分つきで、毎晩読書をしながらスパークリングワインを頂くことに励みたいと思います!

★(4)Kazuko Hasegawa
https://give.roomtoread.org/fundraiser/3208042

Kazuko Hasegawa

Gender Equalityのために健康や美容についてお役立ち情報を発信します!

5月中に、『美容や健康に関する情報発信』を行って、女の子達をサポートするための寄付を募ります!
Instagram:vfbakzu にて発信してます!

★(5)Yoriko Oki
https://give.roomtoread.org/fundraiser/3235487

Yoriko Oki

昨年10月、「100冊読むたびにRoom to Readに寄付!」を掲げましたが、それに加えて2021年5月31日まで35日間「読書マラソン」に参加することを決めました。
5月末まで毎日読書感想文をブログにアップします。ちょっとのぞいてみてください。
http://blog.livedoor.jp/fukusuke55/

◆チーム  関西チーム 読書マラソン for Gender Equality
https://give.roomtoread.org/team/356019

関西チーム 読書マラソン for Gender Equality

ルーム・トゥ・リード関西チームは、5月に読書マラソンをします!

参加メンバーが、それぞれの基準(本の定価や、定額(例えば、1000円))で、5月に読んだ本の冊数に応じて、寄付を行います。

★(1)Koichi Kitayama
https://give.roomtoread.org/fundraiser/3244585

★(2)SHOYO RI
https://give.roomtoread.org/fundraiser/3245803

SHOYO RI

◆チーム Synergy Reading Challenge
https://give.roomtoread.org/team/357058

Synergy Reading Challenge

COVID-19パンデミックの中、ジェンダーの平等と女子教育の未来を守るために、1冊本を読むごとに、その本の代金を寄付します。(コミックもOK)

★(1)SynergyPlus
https://give.roomtoread.org/fundraiser/3256242

『ジェンダー平等を前進させよう!』キャンペーン スタートしました!

room to read

『ジェンダー平等を前進させよう!』キャンペーン スタートしました!

ルーム・トゥ・リード・ジャパン事務局長の松丸佳穂です。

5/1からの1か月間、世界中のルーム・トゥ・リードが
『ジェンダー平等を前進させよう!』キャンペーンを一斉に展開します!
Action for Education - Step UP for Gender Equality –

パンデミックの影響で、世界中の多くの少女達が結婚に追いやられ、教育を受けられず、自身の将来を創り出す機会を失う危機に陥っています。
この危機に立ち向かうため、世界中のルーム・トゥ・リードのサポーターが、アクションを起こします。
この活動により集まった資金は、100%女子教育プログラムに使わせていただきます。

日本の皆さんも、ぜひ、参加をお願いします!!
あなたの参加が、少女達の未来を、輝くものに変えます!

日本国内のキャンペーンでは、年末のAction for Educationでお馴染みの「バーチャルチャレンジ」、「チャリティラッフル」など実施します♪

▼詳しくは、こちらのキャンペーンサイトをご覧ください。
https://give.roomtoread.org/stepupjp2021

また、SNSの活用で少女達へのサポートにつながるようなキャンペーンも予定しています。
ぜひルーム・トゥ・リードのSNSのフォローもお願いいたします。
Facebook https://www.facebook.com/RoomtoRead.Japan/
Twitter  https://twitter.com/roomtoread_jp
Instagram https://www.instagram.com/roomtoread_jp/

#ジェンダー平等を前進させよう
#StepUPforGenderEquality
#児童婚
#女子教育プログラム
#rtrjp
#RoomToRead

ルーム・トゥ・リード 2020 年の振り返り (Year in Review)

ルーム・トゥ・リード・ジャパン事務局長の松丸佳穂です。

ルーム・トゥ・リードは、創設から20年間、常に学習をしながら成長をしてきました。
特に2020年、コロナ禍において私達が経験したことは、大きなチャレンジではありましたが、とても意味のあることでした。

昨年のルーム・トゥ・リードの活動についてご報告をさせていただきたく、『2020年活動報告書』を作成いたしました。皆様からのご支援をどのように活用させていただいたのかを、お伝えしています。ぜひご覧ください。
『ルーム・トゥ・リード 2020年活動報告書』(全8ページ

文字の読み書きを学び始めていた子ども達は、「遠隔学習」を通じて学習を継続する機会を得ることができました。

女子教育プログラムの参加者は、コミュニティのリーダーと強いつながりを持ち、ライフスキル(生きていくための力を授ける)研修で学んだことを活かして、家族やコミュニティが直面した課題を乗り越えることができました。

また、コミュニティとの強力なパートナーシップや、テレビやラジオを利用しての授業、新しいオンライン学習プラットフォームなどの革新的な取り組みにより、多くの子ども達や家族に、新たに手を差し伸べることができました。

サポートをくださっている多くの皆様とともに、強い意志を持ち、学習をしながら、迅速に変化に対応をしてきた1年でした。
設立20周年の節目で、2,000万人以上の子ども達へのサポートが実現できましたことも、ご報告させていただきます!

私達には、次の5年間に向けての大きなビジョンがあります。非識字、そして、ジェンダーの不平等がない、より豊かな世界にするためのこの旅路に皆さまにご参加いただけること、心より御礼申し上げます。
今年もこの重要な取り組みをご一緒できますことを楽しみにしております!

また、もしご興味があれば、『ルーム・トゥ・リード グローバル リサーチ・モニタリング・評価報告書 2020年12月』(全16ページ)も合わせてご覧ください。識字教育や女子教育のプログラムの評価方法や成果・影響力について、またコロナ禍での対応についてなど、詳しくデータでご覧いただけます。

Meet Kabita from Nepal ネパールのカビタ「模範を示す」

[English]

Room to Read
カビタ : ソーシャルモビライザー(女子教育プログラムの卒業生)

カビタもかつて、女子教育プログラムの参加者でした。ネパールの多くの女の子と同じように、カビタは、両親が教育費を出す余裕がなかったので、幼い頃から結婚を迫られ、学校を中退しそうになりました。

彼女はどのようにして、ルーム・トゥ・リードのメンターとなるソーシャルモビライザーになったのでしょう。ソーシャルモビライザーとは、彼女自身が、何年も前に自分が教育を続けるのに役立った、まさにその仕事です。娘が教育のためにどのように戦ってきたか、カビタの母親から直接話を聞くことができました。また、カビタが現在サポートを行っている少女達から、ルーム・トゥ・リードの女子教育プログラムで学んだことをお話してもらいました。
*こちらの動画を、字幕設定を日本語にしてご覧ください。

「ライフスキルの授業のおかげで強くなりました」
カビタ
ソーシャルモビライザー(女子教育プログラムの卒業生)

 コロナ禍でもコミットし続ける

現在、ルーム・トゥ・リードのソーシャルモビライザー(メンター)として、カビタは自分と同じような境遇の女の子達が教育を受け続けられるようサポートすることに人生を捧げています。新型コロナウィルス感染症が発生し、ネパール全土の学校も閉鎖を余儀なくされた時も、カビタはルーム・トゥ・リードの全職員とともに、献身的に活動を続けました。

ルーム・トゥ・リードのソーシャル・モビライザーは、危機に直面した女の子達を支援するために、電話でグループや個人のメンタリングのセッションを提供し続け、自宅でも勉強を続けられるようサポートを行ってきました。ルーム・トゥ・リード全体として、2020年には26万5,400回以上の遠隔でのメンタリングセッションを女の子達に提供しました。

ここでは、学校閉鎖中にルーム・トゥ・リードの女子教育プログラムに参加している女の子達に、カビタがどのように連絡を取り続けてきたか、その一例をご紹介します。
*こちらの動画を、字幕設定を日本語にしてご覧ください。

ルーム・トゥ・リードの女子教育プログラムについてもっと知りたい方は、こちらをご覧ください。

現地報告:金融スキルを生かして、ロックダウン中に家族をどのように支えたか

ここ数週間の間に、COVID-19の制限のために教室を離れていた子どもたちが長期的に学校に戻り始めています。 しかし、いまだに約5億人の子ども達が教育へのアクセスを制限されており、これらの学校閉鎖が低所得層のコミュニティに与える影響は大きな結果をもたらしています。

学校閉鎖中のマヘーシャの挑戦は、世界中の少女達にも反映されています。マヘーシャはスリランカのアヌラーダプラに住む14歳の少女で、ルーム・トゥ・リードの女子教育プログラムに参加しています。

このコミュニティは主に農業を収入源とする地域で、低賃金です。彼女の父親も水田農家で、パンデミックが始まった時には収入の大半を失いました。低所得者層の家族にとって、日々の賃金低下は生活水準に大きな影響を与え、マヘーシャの家族は食料がほとんど手に入らなくなってしまいました。

マヘーシャはクレディ・スイスの「少女のための金融教育カリキュラム」で身につけた金融スキルを活用しました。 マヘーシャはまず、家族の予算と支出を把握し、電気代や水道代だけでなく、必需品以外も節約するようにしました。ロックダウン期間、家族の時間を有効に使うために、庭に野菜を植えて食費をさらに節約するようにしました。

これらのことは授業で学びました。そうでなければ、節約するために出費を減らす方法は考えられませんでした」と、マヘーシャはルーム・トゥ・リードのソーシャルモビライザー(メンター)に話しました。

マヘーシャは、特に危機的な時期に金融教育がいかに少女に力を与えるかを証明しています。 彼女は、未曾有の瞬間を乗り越えて家族を支え、彼女のスキルによって家族がより良い生活を送れるようにしました。 マヘーシャが学校に戻った後は、プログラムに参加している若い女の子同士でメンタリングを開始し、自分の経験から学んだことを伝えていきます。

少女のための金融教育プログラムは、クレディ・スイス、プラン・インターナショナル、アルフラトゥーン・インターナショナルとのパートナーシップにより実施されています。このプログラムは、2014年以来、金融スキルを身につけるための学校として、1,500校の学校で12万5,000人以上の少女達を支援してきました。

ルーム・トゥ・リードでは、世界中の少女達が中等教育を修了し、人生の重要な決断を自分で下すスキルを身につけることができるよう、多くの少女達を支援し続けます。女子教育プログラムについての詳細はこちらをクリックしてください。