松屋銀座:クリスマス チャリティー開催中です!

今年は、街のイルミネーションも華やかになりました。老舗百貨店・松屋さんが、なんと今年もチャリティーピンバッジやキャンドルの発売、そして、サイレントオークションを実施してくださっています。こちらは収益の全額がルーム・トゥ・リードに寄付されます。ぜひ松屋銀座に足をお運びください!

クリスマスチャリティーピンバッジ

フィンランドの人気キャラクター・ムーミンの「ムーミン」「ムーミンとスノークのおじょうさん」「リトルミイ」「スナフキン」の4種類のピンバッジ。
1個500円(税込み)
11月10日(水)-12月25日(土)
松屋銀座1階正面口、京橋口ほか他

 

残布でつくるクリスマスツリー チャリティーサイレントオークション


11月10日(水)-30日(火)
松屋銀座3・4・5階中央特設スペース
株式会社アバンティとともに、松屋とゆかりのある各ブランドの残布や装飾パーツでつくったクリスマスツリーをチャリティーサイレントオークションとして販売。

 

 

 

クリスマスチャリティー蜜蝋キャンドル


12月1日(水)-25日(土)
松屋銀座1階正面口・地下1階銘家逸品
1本1,000円(税込) 100個

贈ったひとも贈られたひとも、そして子どもたちも笑顔になる、クリスマスにぴったりのアイテムです。家族や大切なお友達へのプレゼントにいかがですか?

詳しくはこちらをご覧ください。

 

インドから現地報告:小学校3年生のキルマ

(原文はこちら

インドでは、2020年3月以降、学校の教室を見ていない生徒がいます。今でも一部の学校しか再開していません。ユネスコの最新の報告書によると、インドの生徒たちは、73週間にわたって学校の一部または全部が閉鎖された状態を経験したことになります。

しかし、一冊の本を届けるという単純なことが、生徒たちの学習意欲を維持する一つの手段になることがあります。

インドのマディヤ・プラデーシュ州に住む8歳のキルマは、最近、フィナンシャルタイムス紙のフォトエッセイで紹介されました。通常であれば、小学3年生のキルマは学校に通うはずなのですが、COVID-19パンデミックの影響で学校が閉鎖されたため、学校に通うことができませんでした。

学校が閉鎖された最初の数日間、キルマは両親の仕事を手伝う日々を送っていました。一日中忙しくしていましたが、学校が恋しくなりました。授業、ゲーム、そして何よりも鮮やかな本。教室に行くのが楽しくなるようなものばかりでしたから。

キルマが家でも勉強できるよう、担任のサプナ先生が彼女の家を訪れるようになりました。サプナ先生は、本や教材を届けたり、ワークブックやワークシートの使い方を教えたりして、キルマの両親と交流しました。

「私たちは教え方はあまり知らないのですが、担任の先生やルーム・トゥ・リードのチームがいつも電話をくれて、私たちをやる気にさせたり、キルマのために教材を用意してくれます」
(キルマの両親)

キルマの叔父であるリケシュは大学1年生ですが、パンデミックの間、幼い姪の学習をサポートしました。

「私は1日1時間授業をし、毎日宿題を出しています。彼女は勉強に興味を持ち、時間通りに宿題を終わらせ、毎日私に作品を見せてくれます。彼女は熱心に物語を語ってくれます」とリケシュは話します。

サプナ先生はリケシュと会う時間をつくり、キルマ用の学習教材を紹介しています。この教材や資料は、ユニセフ、ルーム・トゥ・リード・インド、州の教育局(マディヤ・プラデーシュ州)による「早期の読解能力のためのアカデミック・リーダーシップの強化(Strengthening Academic Leadership for Early Reading)」プログラムのもと、サプナ先生をはじめとする公立学校の先生たちに提供されました。このプログラムには、ワークブック、ノート、図書室の本、教科書、デジタル学習教材などが含まれます。

「キルマとリケシュとは、村を訪問した時や、電話で話しています。常に彼らのやる気を引き出し、リケシュには、これらの貴重なリソースを使っていかに簡単に彼女をサポートできるかを教えています。今、キルマを見ていると、勉強を続けていて、読み書きができるようになったことを嬉しく思います。ユニセフ、ルーム・トゥ・リード・インド、そして教育局からのサポートに感謝しています」と、担任のサプナ先生は話します。

ルーム・トゥ・リードのインドチームは、リケシュがこれらの学習教材をどのように使えばいいのか理解できるよう、必要な部分を補ってくれました。ルーム・トゥ・リードのインドチームからの定期的な電話と指導により、リケシュはキルマのために用意された学習教材を使いこなせるようになりました。

インドでは、ルーム・トゥ・リードは、学校が閉鎖されたにもかかわらず、キルマのような生徒が確実に学習できるよう、幅広く活動してきました。今年の上半期(2021年1月1日~6月30日)、ルーム・トゥ・リードは、識字教育プログラムで以下のことを達成し、届けました。

・識字教育プログラムのプログラム目標を達成するために、教師や生徒、その家族に1,000万通以上のダイレクトメッセージが、子どもたちが学び続けるよう、送られました。
・政府機関のウェブサイトにアップロードされた約40種類の教材は、ルーム・トゥ・リードがより多くの人々に識字教育コンテンツを提供するのに役立ちました。
・教師、学校の指導、著者などを対象に、7,500時間以上のバーチャルトレーニングとサポートを提供しました。
・約14万4,000人の子どもたちが、家庭での学習や識字力向上を支援するために、デジタルではない教材(本やワークシート)を受け取りました。

また、女子教育プログラムでは、ルーム・トゥ・リードが下記のことを実現しました。

・女子教育プログラムのプログラム目標を達成するために、教師、生徒、その家族に637,000件以上のメッセージを送りました。
・約52,000件の遠隔での個別メンタリングセッションを実施しました。
・11,500人以上の少女が個別のメンタリングセッションを受けました。

子どもたちが勉強に励み、生涯学習の道を歩むことができるよう、ルーム・トゥ・リードは、危機の最中にも革新的な方法で子どもたちに支援を届けるためのプログラムを実施しました(前述のとおり)。このようなリモートでの介入により、学校閉鎖やその他の多くの課題に直面しても、生徒たちが読み書きのスキルを身につけることができています。

(翻訳ボランティア:ゆうた)

Action for Education 2021
Dreams Start with Education ~学ぼう、夢に向かって

みんなのアクションで子ども達に教育を!

コロナの影響は支援国では、まだまだ続いています!どのような状況であっても、子ども達が夢をあきらめることなく、学び続けられるよう、今年もアクションを起こします!

コロナ禍にいる子ども達2,000名に
クリスマスの贈りものに、

教育という生涯のギフトを一緒に贈りませんか?

5000円でひとりの子どもが1年間読み書きを学ぶことができます!

▼ご寄付はこちらからお願いいたします
(右側の「ルーム・トゥ・リード・ジャパンに直接寄付をする」からお願いします)

ルーム・トゥ・リードがフィナンシャルタイムズ紙のフォトエッセイに掲載されました!~インドとタンザニアにおける生徒たちのパラレル・パンデミック

(原文はこちら)フィナンシャルタイムズに掲載された記事を翻訳しています。

フォト・エッセイ:
インドのキルマとタンザニアのジョシュアの全く異なる体験をFT(フィナンシャルタイムズ)が追いかけました。

アジアやアフリカの子どもたちの多くは、基本的な読み書きの能力が不足しており、より高度な学習へ進むことへの妨げとなっています。また、学校は過密状態にあり、リソースも限られているため、教師の対応も手薄になりがちです。

コロナウイルスの大流行により、子どもたちの学習環境は後退し、学校が閉鎖される事態になっています。モバイル機器やインターネットへのアクセスが限られていることも、リモート学習を行うことの妨げになっています。

FT(フィナンシャルタイムズ)では、このような状況下でも教育を続けようと決意したふたりの子どもを取材しました。ふたりとも、読書を支援するプログラムを利用しています。

インドのキルマ

女性の識字率が男性よりも20%低いインドのマディヤ・プラデーシュ州のシャルパティア村で、8歳のキルマは、国連児童基金ユニセフと非営利団体のルーム・トゥ・リードが、州の教育局と共同で支援している「早期の読解能力のためのアカデミック・リーダーシップの強化(Strengthening Academic Leadership for Early Reading)」イニシアチブにより提供されたヒンディー語の本を使っています。彼女の家族の主な方言はニマディ語です。

パンデミックで学校が閉鎖されたため、キルマはルーム・トゥ・リードのヒンディー語の本『象のしゃっくり(Elephant Hiccups)』を読みました。

キルマの教師であるサプナ・マルヴィヤ先生は、月に2回村を訪れ、家にいるキルマと両親へ練習帳や本を届けてくれます。

学校の図書室にいるキルマとサプナ先生。2020年3月以降、ほとんどの教室とともに図書室も閉鎖されています。

サプナ先生は、スマートフォンで送られてきた読み物を、キルマや彼女の叔父であるリケシュ(キルマの学習をサポートしてくれる)と一緒に確認しています。先生は定期的に電話でサポートもしてくれます。

小さなロバについての本「Bauna Kalu」をお父さんと一緒に読むキルマ

大学1年生の叔父のリケシュと一緒に読書するキルマ


タンザニアのジョシュア

タンザニアのプワニ地域にあるキバハでは、初等教育を修了する子どもは半数を超える程度で、3分の1はまったく学校に通っていません。9歳のジョシュアは、ルーム・トゥ・リードから出版された地元の作家によるスワヒリ語の本を読んでいます。

タンザニアの田舎で、混雑した教室の中、スワヒリ語で本を読むジョシュアを指導するエマクラタ・ムバングラ先生

授業中の質問に答えるジョシュアと生徒たち

ルーム・トゥ・リードのスワヒリ語の本「Katete and Time」を選ぶジョシュア。この本は時間管理を教えてくれます。

ジョシュアの家の外でスワヒリ語を教えるエマクラタ先生

友達とサッカーをするジョシュア

ジョシュアの父親のサムウェリは牧師で、聖書の勉強のために自転車で地元の教会に通っています。

ジョシュアは、地元の作家が書いたお気に入りの本「Jasu na Mpira」(自分のボールを作った子どもの話)を両親に読み聞かせています。

(翻訳ボランティア:藤山普美江)

Action for Education 2021
Dreams Start with Education ~学ぼう、夢に向かって

みんなのアクションで子ども達に教育を!

コロナの影響は支援国では、まだまだ続いています!どのような状況であっても、子ども達が夢をあきらめることなく、学び続けられるよう、今年もアクションを起こします!

コロナ禍にいる子ども達2,000名に
クリスマスの贈りものに、

教育という生涯のギフトを一緒に贈りませんか?

5000円でひとりの子どもが1年間読み書きを学ぶことができます!

▼ご寄付はこちらからお願いいたします
(右側の「ルーム・トゥ・リード・ジャパンに直接寄付をする」からお願いします)

12月15日(水)18:00-18:45 スペシャルバーチャルイベントDreams Start with Education 開催します!

親愛なる 皆様

いつもあたたかいご支援をいただき、本当にありがとうございます。

一人ひとりが自分にできるアクションを起こし、子ども達に教育というクリスマスプレゼントを贈る年末寄付キャンペーンAction for Education 2021を今年も開催致します。

2020年のテーマは「Dreams Start with Education~学ぼう、夢に向かって~」。
コロナ禍にある子ども達2,000名に教育支援をすることを目標にしています!

そして、12月15日(水)午後6時より、いつもご支援いただいている皆様をお招きして、45分間のスペシャルバーチャルイベントを開催いたします! このパンデミックにより、世界中の何百万人もの子ども達の夢が中断されています。団結力、思いやり、そして継続的なサポートによって、共に教育を守り、子ども達の夢を守るために、ぜひご参加いただければと思っています。

この2年間を振り返ると、ルーム・トゥ・リードの歴史の中でも最もチャレンジが多い年でもありました。ただ、その中にあっても、皆様と一緒に、この21年間で20カ国2,380万人以上の子ども達へのサポートを実現できたことをとても嬉しく思っています。当日は、世界中からルーム・トゥ・リードCEO、ボードメンバー、活動国の責任者であるカントリーディレクター、来日したプログラム卒業生が参加を予定しており、皆様のご支援のおかげで、パンデミックの中にあってもどのように教育と夢を追求し続けているのか。今もなお続いているコロナ禍での活動や課題、必要な支援、今後の展望など、直接お話させていただきます。また、日本での活動についてもご紹介させていただきます。

Action for Education 2021
Dreams Start with Education~学ぼう、夢に向かって」スペシャル バーチャルイベント
12
15日(水)18:001845
参加方法:Google Meet
参加費:無料 言語:日本語
参加登録はこちら 

ルーム・トゥ・リード20年以上の歴史の中で、私達は大きな目標を設定することで、世界中の子ども達が夢を実現できることを学びました。どんな状況にあっても、子ども達が自由に夢を見ることができる世界を実現したいと思っています。

12月15日に皆様にお会いできることを楽しみにしております!

感謝をこめて。
正直知哉 ルーム・トゥ・リード リージョナルボード チェア
正直ゆり ルーム・トゥ・リード リージョナルボード
松丸佳穂 ルーム・トゥ・リード・ジャパン 事務局長

(UN Chronicle)COVID-19からの世界的復興に向け、識字教育を重視しなければならない

(原文はこちら今回は、国連のUN Chronicleに寄稿したものを翻訳しています。

著者: ギータ・ムラリ
ギータ・ムラリ博士は、「子どもの教育が世界を変える」という信念を持つ、国際的な教育団体ルーム・トゥ・リードCEO。ルーム・トゥ・リードのプログラムは、これまでに20カ国で展開され、2,300万人以上の子どもたちに恩恵を与えてきました。

 2021年10月20日

東アフリカのタンザニアでは、昨年、COVID-19のパンデミックにより地元のハンデニ地区の学校が閉鎖されたため、7歳のマリアは突如として教育の機会を奪われました。マリアは、パンデミックの影響で教育を受けられなくなった16億人以上の子どもの一人です。

教室を離れてから数ヶ月が経ち、家計の収入は減る一方で、特に、リモートで自宅学習のためのインフラが整っていない地域では、低所得層の学生が何世代にも渡って、学校を中途退学する事になりかねません。国連児童基金(UNICEF)の調査によると、パンデミックの中、世界の学齢期の子どもの3分の2が、自宅でインターネットにアクセスできず、過去18ヵ月間に渡って教室に足を踏み入れて居ない子どもは、実に、7,700万人近くに上ります。

ルーム・トゥ・リードは、教育を通じた識字率の向上とジェンダー平等に取り組む世界的な非営利団体として、COVID-19からの復興過程において識字が持つ力を目の当たりにしてきました。家庭やコミュニティ、そして政府のシステムの中で、若い学習者への教育を優先することで、各国はこの危機からの復興を促進し、回復力と世代間の発展を促進することができます。

若い学習者

十分な教育を受けていないコミュニティの子どもは、基礎的な読み書き能力を身につける事で、知識を得て、COVID-19によるパンデミックの現実を含め、自分を取り巻く世界をより良く理解できるようになります。読書は、子ども達が困難な感情を認識し、対処法を身につけるための活動でもあります。例えば、ルーム・トゥ・リードのCOVID-19 ブックコレクションは、バングラデシュ、スリランカ、ベトナムなど10カ国の現地語の児童書を集めたものです。このコレクションには、過去18カ月間の不確実性から生じる不安に対処する登場人物が描かれており、子ども達が自分の感情を理解し、大切な人にうまく表現できるきっかけとなるストーリーが用意されています。

今回のパンデミックで、学校での対面学習の継続性が必ずしも保証されない事が明らかになった一方で、幼い学習者の自尊心を育む上で、読書が果たすかけがえのない役割も明らかになりました。読書を通じて、子ども達は帰属意識を育む事もできます。

幼い子ども達が多様な考え方をする存在として扱われ、地域に適した質の高い教材へのアクセス、メンターからの励まし、識字教育に組み込まれた社会性と情動の学習要素などが提供されると、子ども達は尊厳ある学習を経験し,教育や人生の成果を向上させる事ができるのです。

家族とコミュニティ

パンデミックによって家族やコミュニティの経済的負担が増す中、子ども達、特に思春期の少女は、病気の親族の世話や家計の支援、親族やコミュニティにとってのデフォルトリソースとなる事を求められ、しばしば悪影響を受けます。ユニセフの推計によると、パンデミックの影響で、新たに1,000万人の少女が児童婚の危機に晒され、2,400万人の子どもたちが学校を永久に退学する危機に晒されています。

親は無力感と不確実性に直面しているので、子どもたちの新たな識字力を目の当たりにし、共有することで、希望と回復力を得られます。タンザニアのマリアは、学校が閉鎖される前日に学校の図書館で借りた3冊の本を持って、パンデミックによるロックダウンに突入しました。マリアの母親は、7年生までしか教育を受けておらず、スワヒリ語を流暢に読むことができませんでしたが、娘が毎日決まった時間に本を読み、新しい言葉を覚えることができるよう、本を活用していました。彼女は、決まったルーティンとマリアの継続的な読書の上達を見守ることで、安心感を得ていました。

ザンビアの生徒たちは、先生の質問に手を挙げて答えます。

識字力を備えた子どもたちは、家族やコミュニティがパンデミックの困難を乗り越え、支援やリソースへのアクセスを確保することをサポートすることができます。
識字力のある若者は、仕事に就き、より高い収入を得る可能性が高く、それを他の家族の教育やコミュニティの向上に役立てることができます。

政府の教育システム
識字率を改善しないことには、社会がその潜在能力を最大限に発揮することはできません。教育は、経済的・社会的繁栄の種を蒔きます。教育は、何百万人もの変革者の想像力と能力を引き出し、世界の最大の課題に立ち向かう唯一の最も効果的なツールとしての役割を果たす力を持っています。ユネスコのグローバルモニタリングレポートによると、教育レベルの向上は、所得や一人当たりの収入の増加、環境への関心の高まりにつながり、また、紛争や子どもの死亡のリスクを減少させることが分かりました。このように、様々な分野で成果が上がっているだけでなく、教育はすべての人にとって基本的人権でもあります。

COVID-19からの復興を加速させるソリューションを各国政府が導入する際には、柔軟で拡張性のある学習方法を確立する必要があります。これにより、子どもたちは、たとえこのような特殊な状況の中でも、さらに混乱が続く可能性があっても、逃した学習機会を取り戻すことができます。政府は、識字力や生活技能などの基礎的な学習を優先することで、子どもたちが解決志向を持ち、将来に希望を持てるような安定性を提供することができます。
バングラデシュでは、政府関係者が「Ghore Boshei Shikha」(家庭での学習)というデジタル学習プラットフォームを構築し、読み聞かせのビデオや、子どもの読書習慣をサポートするためのヒントを親に提供しています。バングラデシュでは、ソーシャルメディアを活用して、子どもや教師への教材提供、読書指導、トレーニングなどを支援しています。

成功は可能です。マリアは、母親と義理の姉の助けを借りて、家にある読み物を使って、パンデミックの間も学習を続けることができました。ロックダウン前は読解力テストで0点だったにもかかわらず、学校が再開されると、マリアは読解力98点、作文力100点などの最高得点を獲得し、学業成績だけでなく、新たに得た自信と参加意識で先生を驚かせました。マリアは学校を卒業して、いつの日か医師になることを目指しています。

今、私たちは未曽有の教育危機に直面していますが、識字教育への介入こそ、パンデミックの長期的な影響に対する解毒剤として、すべての世界的指標の後退を防ぎ、SDGs(持続可能な開発目標)に向けた前進を加速させると期待されています。

ルーム・トゥ・リードでは、「子どもの教育が世界を変える」と信じています。
復興と癒しを切実に必要としている世界では、新世代とその識字力は未来への希望をもたらします。

 UN Chronicleは公式記録ではありません。UN Chronicleには、国連高官や国連システム外からの著名な寄稿者が参加していますが、その見解は必ずしも国連のものではありません。同様に、地図や記事に記載されている境界線や名称、及び呼称は、必ずしも国連の承認や受け入れを意味するものではありません。

(翻訳ボランティア者:金志守)