現地報告:金融スキルを生かして、ロックダウン中に家族をどのように支えたか

ここ数週間の間に、COVID-19の制限のために教室を離れていた子どもたちが長期的に学校に戻り始めています。 しかし、いまだに約5億人の子ども達が教育へのアクセスを制限されており、これらの学校閉鎖が低所得層のコミュニティに与える影響は大きな結果をもたらしています。

学校閉鎖中のマヘーシャの挑戦は、世界中の少女達にも反映されています。マヘーシャはスリランカのアヌラーダプラに住む14歳の少女で、ルーム・トゥ・リードの女子教育プログラムに参加しています。

このコミュニティは主に農業を収入源とする地域で、低賃金です。彼女の父親も水田農家で、パンデミックが始まった時には収入の大半を失いました。低所得者層の家族にとって、日々の賃金低下は生活水準に大きな影響を与え、マヘーシャの家族は食料がほとんど手に入らなくなってしまいました。

マヘーシャはクレディ・スイスの「少女のための金融教育カリキュラム」で身につけた金融スキルを活用しました。 マヘーシャはまず、家族の予算と支出を把握し、電気代や水道代だけでなく、必需品以外も節約するようにしました。ロックダウン期間、家族の時間を有効に使うために、庭に野菜を植えて食費をさらに節約するようにしました。

これらのことは授業で学びました。そうでなければ、節約するために出費を減らす方法は考えられませんでした」と、マヘーシャはルーム・トゥ・リードのソーシャルモビライザー(メンター)に話しました。

マヘーシャは、特に危機的な時期に金融教育がいかに少女に力を与えるかを証明しています。 彼女は、未曾有の瞬間を乗り越えて家族を支え、彼女のスキルによって家族がより良い生活を送れるようにしました。 マヘーシャが学校に戻った後は、プログラムに参加している若い女の子同士でメンタリングを開始し、自分の経験から学んだことを伝えていきます。

少女のための金融教育プログラムは、クレディ・スイス、プラン・インターナショナル、アルフラトゥーン・インターナショナルとのパートナーシップにより実施されています。このプログラムは、2014年以来、金融スキルを身につけるための学校として、1,500校の学校で12万5,000人以上の少女達を支援してきました。

ルーム・トゥ・リードでは、世界中の少女達が中等教育を修了し、人生の重要な決断を自分で下すスキルを身につけることができるよう、多くの少女達を支援し続けます。女子教育プログラムについての詳細はこちらをクリックしてください。

現地報告:スリランカのニメシカのストーリー

Copy with Calloutポロンナルワの新しく開発された町や道路の向こうには、30年間続いた残忍な内戦の痕跡が残る村があります。この地域は極度の貧困に加えて、スリランカで最も乾燥した気候に悩まされています。村に入ると、過酷な生活環境が目の前に広がります。

ルーム・トゥ・リード女子教育プログラムの参加者である13歳のニメシカは、ここを「家」と呼んでいます。乾燥した気候のため、ニメシカの家族は近所の人にお金を払って毎日水をもらい、お風呂に入るためだけに歩いて近くの貯水槽まで行かなければなりません。頻繁に野生の象が暴れまわるこの状況では、裏庭で作物を栽培できません。

貧困がニメシカの教育を妨げていましたが、もうひとつの理由がありました。ニメシカの家族はスリランカの北東部にある先住民族の出身で、方言や生活スタイルは他の地域とは異なります。差別や経済的な問題から、ニメシカは社会やクラスメートから遠ざかっていました。

「誰も話しかけてくれないので、学校に行くのが嫌でした」
ニメシカ(スリランカ女子教育プログラム参加者)

ルーム・トゥ・リードは、2018年にニメシカがいる学校のサポートを開始し、ソーシャルモビライザー(少女達のメンター)のチャンドリカは、ニメシカが直面していた課題に注目しました。彼女はより攻撃的で非社会的に見え、教育を追求することはおろか、日常生活にもほとんど関心を示しませんでした。22日連続で学校に来なくなったこともありました。ニメシカが学校を完全に中退する前に、チャンドリカが行動を起こす時が来たのです。

不登校中に何度もニメシカの家を訪れたチャンドリカは、母親に会い、家族の苦難を目の当たりにしました。

ここは私の故郷ではありません。13歳の時に今の夫と駆け落ちしました。私は学校にも行ったことがなく、家族も行っていませんでした。なので、親の負担にならないように結婚するしかなかったのです。今では、夫は収入のすべてを酒に使ってしまい、私は自分が経験している虐待を説明することさえできません」とニメシカの母親は説明しました。ニメシカの両親は文盲であったため、ニメシカを学校に戻すように母親を説得するのは困難でした。彼らは教育の価値やそれに伴う機会を理解していませんでした。

説得の末、ニメシカはついに学校に戻ることができました。チャンドリカは、彼女が受講していなかったライフスキルの授業について、特別に個人指導を行いました。これらの授業は、ニメシカのコミュニケーション、怒りの対処法、基本的な衛生習慣を改善し、対人関係や社会的スキル、意思決定、自信を築くのに役立ちました。

これらのライフスキルの授業のおかげで、ニメシカの性格は時間の経過とともに徐々に変化し、学校での勉強に興味を持つようになりました。ルーム・トゥ・リードは、経済的な困難を取り除き、毎月のバス代を支給することで、二メシカの教育を後押ししました。

「今では学校に友達ができ、読み書きもできるようになり、とても幸せです」とニメシカは誇らしげに話します。「ルーム・トゥ・リードの先生方は、人との関わり方、親しみやすさ、教育を受けていれば将来は自分でお金を稼ぐことができることを教えてくれました。」

「将来は医者になりたいです」
ニメシカ(スリランカ女子教育プログラム参加者)

ニメシカのクラスの先生も、彼女の成長を見守っていました。「ニメシカは今では毎日学校に来ています。彼女が他の子ども達と交流しているのを見ていますから、もうみんなが彼女を無視することはないです」と満足しています。

ルーム・トゥ・リードのおかげで進歩したのはニメシカだけではありません。チャンドリカが何度も家庭訪問をしたことで、ニメシカのお母さんは子ども達の教育をもっとサポートするようになり、ニメシカの熱意はふたりの妹にも影響を与えました。ふたりは学校に行きたがっています。

ルーム・トゥ・リードの女子教育プログラムについての詳細はこちらをクリックしてください。世界中の少女達が中等教育を修了し、人生の重要な決断を自分で下すスキルを身につけることができるよう、多くの少女達を支援し続けます。

現地報告:ネパールのベストリーダー賞2020


9月1日の第16回ネパール国立図書館デーを記念して、スギスマ・カデルが、教育科学情報技術省から「ネパールのベストリーダー賞」を受賞しました。スギスマは小学3年生(9歳)で、ネパールのヌワコット地区にあるバルデヴィ・アダルブット小学校に通っていて、ルーム・トゥ・リードの識字教育プログラムに参加しています。彼女が通う学校の図書室はルーム・トゥ・リードの識字教育プログラムの支援を受けています。

スギスマは、図書室で296冊の本の貸出記録を更新し、今回の受賞に至りました。スギスマは、ルーム・トゥ・リードの識字教育プログラムを通じて、読書能力を高め、強化してきました。学校の図書室には、子ども達の母国語で書かれた質の高い児童書が揃っています。識字教育プログラムのファシリテーターは、生徒達に音読だけでなく、個々の読書に参加することを勧めています。図書室の本を借りて読むことで、スギスマの情熱はさらに深まりました。今では、自分で本を読むだけでなく、両親や弟妹に読み聞かせをすることも楽しんでいます。

ルーム・トゥ・リードの識字教育プログラムについての詳細はこちらをクリックしてください。皆様のご支援により、スギスマのような子ども達が生涯にわたって自立した読書家になるために必要なサポートができます。

《アクションChef Aska’s charity dinner紹介インタビュー》  “ディナー・カウンセラー”アスカさんが作るハッピーのサイクル

チャリティ・ディナーを通じて、20人の子どもたちに教育を届けるアクションを立ち上げたアスカさん。みんなを笑顔にするお料理は魔法のよう!アスカさんが描く、料理を通したHAPPYとは?お話をうかがいました。(聞き手・構成=遠藤みどり)

食材やカラダと対話をして

――お料理に興味を持ったきっかけは何ですか?

アスカ 3、4歳のころかな。母が使うオーブンやコーヒーサイフォンなど家電が魔法の道具に見えて仕方ないお年頃でした(笑)。クッキングトイの「ママレンジ」というガスレンジをミニチュア化して再現したおもちゃを買ってもらい、ホットケーキを焼いたり、うずらの卵で目玉焼きを作ったりしていたのが手作りの始まりだと思います。料理というよりは理科の実験みたいな感覚。

――本格的!

アスカ 母の食に対する考え方が「食費をケチって病気になるくらいなら、美味しいものをちゃんと食べて健康でいた方がいい」というエンゲル係数常時右肩上がり型(笑)だったので、贅沢をしていたわけではないけれど、味覚が自然と鍛えられて舌が肥えました。

おかげ様で、今では料理本やレシピを見るだけで味や音がしてくるので美味しいかフツーかが分かるし、晩ごはんメニューや材料を聞いたら、作り手のレベルも感じ取れます。

――食材からインスピレーションが湧いてくるんですね。

アスカ ですね。割と多いのは、献立を考えてから買い物にいくんじゃないかと。買い過ぎの無駄を省く意味では正しいと思うけど楽しくはない。私の場合は、自分のカラダに質問しながら買い物をしていきます。

例えば、スーパーに入ったらたくさんの食材が目に飛び込んでくるけど、それを見ながら自分に「いま何が必要?」って。それがまず「肉」ならば何のお肉なのか目を泳がせて脳みそがピンポーンというモノにする。さらに選んだ物に何を合わせるとカラダは喜ぶかなぁって野菜や乳製品などあちこち目を泳がせて焦点が合うものをピックアップしていくと、最終的に味や音がしてきて完成品が見えてくる――メニューに仕上がるという流れ。


――カラダと対話しているようだと感じました。

アスカ そうかも。人様に作るときは、更に季節や気温、平日か週末か、昼か夜か、人数など色々な部分にも思いを巡らせます。
もしも誰かに今日の晩ごはんの相談をされたら、ここ3日ぐらいに何を作ったり食べたりしたかを聞いて、「じゃあこれは?」って提案しちゃう感じです。

人を幸せにできる魔法

――まさにカウンセリングですね!

アスカ 言われてみればそうかも!
例えば。いま浮かんだのが 「チーズ」 だとして……

どんなチーズが好き?
食感や香りの強さは?
臭くても大丈夫?
じゃあイタリアのタレッジョか、フランスのマンステールをトライするのはどう?
クラッカーに載せて食べてみると素朴だけど極上!
赤ワインは飲める?
じゃあ、リエットパテを一切れ。
温かみがあるといいならコンソメスープを。
色味が欲しいから、苦味の効いたチコリのサラダを添えてもとっても美味しいよ。

みたいな感じ……。

――凄い。口の中にイメージが広がります!

アスカ でしょ。私は既に頭の中が美味しい気分(笑)。

――アスカさんにとってのお料理とは?

アスカ 「カラダに取り込むアート」かな。
フランス語に「Art de Vivre」って言葉があるじゃない? 正にあれだと。
それに、間違いなく簡単に「人を幸せにできる魔法」。

私にとって好きな人やモノや世界は、全力で守りたいもの。元気で笑顔で素敵でいてほしい。だから、命の源である料理を作ることが大好きなんです。ご飯は笑いの素だしね。ユーモアもクリエイティブなアイデアもお腹が空いていたら出ない。(食べ過ぎたらそれはそれで出てこないんだけど)。

ルーム・トゥ・リードとの出会いと夢

――ルーム・トゥ・リードのことを知ったのはいつですか?

アスカ いろいろなことが積み重なって、枝葉が幹に繋がるようにして出会いました。

その1 ニュース番組のいちコーナーでルーム・トゥ・リードの創設者のジョン・ウッドさんが取り上げられているのを見た。
その2 『Pay It Forward』(キャサリン・ライアン・ハイド著)を読んでとても心に何かが刻まれる。

それでひとまず、UNICEFとUNHCRとプラン・インターナショナル・ジャパンへの寄付を始めてみました。
でも、ルーム・トゥ・リードのことはいつしか忘れていって……。

その3  だいぶたって、ソーシャルビジネスという言葉を教えてくれた友人をきっかけにムハマド・ユヌスさん(バングラデシュの経済学者、2006年ノーベル平和賞受賞)の存在を知る。
その4 その友人の繋がりで友人となった人物と参加したファンドレイズ・パーティが「ベトナムに図書室を作ろう」というルーム・トゥ・リードへ繋がるイベントだった。
その5 そのイベントで知り合った人が、女子教育プログラムの支援を自分の得意な事を通して行っていることを知り、ルーム・トゥ・リードへと遂にたどり着いたわけです。

――いくつもの縁が重なっていったと。

アスカ すごい偶然と幸運が重なった結果と思うけれど、とにかくその5で出会った方がとてもチャーミングで、その方のイベントでお料理コラボをさせてもらえた事をきっかけに、ボランティアスタッフとして色々なイベントでお手伝いさせてもらったり、また別の時にはゲストとしてサポーターを応援したり。
このインタビューの聞き手であるみどりさんと出会ったのもイベントがきっかけですよね。

ルーム・トゥ・リードでは、色々な人が自分の得意な事を自分の出来る範囲で、楽しくファンドレイズしているのを知って、私も気負わずに出来るじゃんって
それに職員の松丸佳穂さんと神様の思し召しか?くらいに意気投合してしまい(笑)、一緒にお料理を絡めたファンドレイズイベントを開くようになって、今に至っています。
どちらかというと私が皆様の好意に甘えさせてもらっている方が大きいのですが。

私は、いつか自分のお家兼サロンのような感じで、美味しいお食事がリラックスした状態で出来る場所を作りたいという夢があります。特に子どもを持つ働くママたちを支えたい。
だからこのチャリティ・イベントは、ある意味で小さなちいさな腕試しの場でもあるんです。

――アスカさんにとって、チャレンジとは?

アスカ 微力ですけど、私の持てるチカラでまずは目の前にいる人を幸せな気分にしたい
そして、HAPPYな気分になってくれたら、今度はその人が誰かを幸せにしてくれたら、これこそPay it forwardのハッピーサイクルができると思っています。

今回のチャリティ・ディナーでも皆んなが食べたことがあって食べたことがないご飯を作っています。オシャレな感じにはしているけど、とても気楽で食べているうちに話が弾んじゃって私の存在を忘れるくらいのリラックス感。
そう、みんなのママみたいな感じで。
って、あの「ママレンジ」はやっぱり偉大な一歩を踏みだす調理器具だった(笑)。


――最後にひと言メッセージをお願いします。

私の家にあるケーキサーバーのメッセージには、こんな言葉が書いてあるの。
“Happiness is a piece of cake.”
誰かを幸せにするのは、実は簡単。
何も考えず、ただ相手の笑顔だけを想い浮かべるだけ。

――今日は、素敵なお話をありがとうございました。

▼アスカさんのアクションをぜひ応援してください!
Chef Aska’s charity dinner
https://give.roomtoread.org/team/328460

Action for Education 2020 IMAGINE
– みんなのアクションで 子ども達に教育を!
https://give.roomtoread.org/Action2020

▼ご寄付はこちらからお願いいたします。
https://give.roomtoread.org/give/310642/#!/donation/checkout?currency=JPY

【クレジットカードでのご寄付の不具合について】


【クレジットカードでのご寄付の不具合について】

Action for Education 2020へのご支援ありがとうございます。

『寄付したいんだけど、クレジットカードが受け付けられない』スマホで、自由な額で寄付できない』などのお問い合わせをいただいております。

誠に申し訳ありませんが、以下の対応をお願いいたします。

◆『寄付したいんだけど、クレジットカードが受け付けられない』

いつも正常に使用しているクレジットカードが、「カードが有効でない」というメッセージが出たり、初期画面に戻ってしまったり、決済できない現象が一部の寄付者の方に起きています。

こちらは、ルーム・トゥ・リード側がリジェクトしているのではなく、カード会社がルーム・トゥ・リードの決済会社(米国のブレインツリー社)を海外からの不正決済とみなして、皆さんのカードを守るべく、セキュリティのためにロックをかけているようです。

背景として、世界的にカードの不正利用が急増していて、セキュリティレベルもさらに上がっているようです。 VisaまたはMasterCardをご利用いただけるのですが、「カードが有効でない」あるいは初期画面に戻ってしまった場合、カード会社にカード名義ご本人からご連絡をいただいてルーム・トゥ・リード(ブレインツリー)からの決済のロックを解除していただくか、お持ちの《他のカードでの寄付》をお試しいただければと思います。
(なお決済ができた場合のみ確認メールが届きます。メールがない場合は決済されておりませんので、ご安心ください。)

それでも、カード利用できない場合は、お手数ですが《銀行振込み》でお願いいたします。

*円決済には、アメックスやJCBは使えませんのでご注意ください。


◆『スマホで、自由な額で寄付できない』

スマホでは設定された金額をお選びいただけますが、自由な額でのご寄付を希望される場合は、お手数ですが《パソコンからの手続き》をお願いします。パソコンで金額入力ができない場合は、ブラウザー(ChromeやSafariなど)を変更してお試しください。

以上、お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。