【「人生設計」試験 】Room to Read Blog(English)記事紹介シリーズ


Miliは学校が大好きでしたが、8年生より先の学年に進むつもりはありませんでした。バングラディシュの人里離れたカイチャラ村では、女の子はほとんどと言っていい程中等学校には進学しません。バングラデシュで最も貧しい村の一つでもある彼女の住む村の各家庭は、家族を養っていくのに手が足りないと、娘たちを学校に通わせ続ける余裕がないとたいてい感じます。
Miliの状況は普通とは違います。多くの家庭では、たいてい家族や文化的問題が女の子たちが教育を受け続ける妨げになります。学校教育は男の子の役割と考えられ、女の子は家で兄弟や年長者の世話をする事、そして自分の家族をサポートするために僅かな賃金を稼ぐ事を期待されています。女子教育に価値があると考えられている家庭の中でさえ、忙しい時期には娘を学校に通わせるのは、家計を維持するために彼女たちを家で働かせる事ほど重要ではないと考えられてしまいます。これがMiliのケースでした。
Miliの父親は家族をサポートするために明け方から夕方まで日雇い労働者として根気強く畑仕事をしていました。しかしながら厳しく容赦無い労働はその代償は彼の体には負担が大きく、働けなくなるほど体を壊してしまいました。9年生となったMiliは、午前中は学校に出席し、昼から夜暗くなるまで畑仕事をして家族をサポートするために更なる責任を負う事になりました。9年生はバングラデシュの学生には特に重要な学年です。SSCという一般教育修了証明試験が行われるのです。「人生設計」試験とみなされ、学生が対面する最初の大きな統一試験で、誰が進級して勉強を続けていくのかを決めるものです。いわゆる「進級試験」を通過できなかった学生は、再試験を受けるために丸一年待たなければなりません、そして稀に学生の準備や進歩をサポートするための補習過程があります。この問題をひどくしているのはこれらの生徒の多くが数年も勉強が遅れているという事実です、教育システムのおかげで生徒たちは必要とされる基礎を身につけているかどうかにかかわらず次の学年へ進級できました。
家庭や文化的な問題が学校の出席率や試験の準備と重なる時に、Miliのような多くの女の子には特に、進級試験に失敗してしまうリスクがあります。
リスクに陥っている女の子にはルーム・トゥ・リードのソーシャルモビライザーとして現地の女性がメンターとして雇われ、ターゲットを絞った全体的な仲介を行い、女の子たちが学校に通いつつこれらの進級試験に合格できるようにサポートしています。「あの時はルーム・トゥ・リードのサポートを受けていて本当にラッキーだったと言うしかありません」と彼女は言います。
“【「人生設計」試験 】Room to Read Blog(English)記事紹介シリーズ”の続きを読む

【ファーストレディ:Michelle Obamaの教え】Room to Read Blog(English)記事紹介シリーズ

<ルーム・トゥ・リードが支援する学校で女子学生と対談するミシェル・オバマ大統領夫人>
<ルーム・トゥ・リードが支援する学校で女子学生と対談するミシェル・オバマ大統領夫人>

 
カンボジア・シェムリアップ郊外に伸びる赤土の道路の先の小さな村で、Phounamという名の18歳の女の子は日の出前に起きる生活をしています。彼女は井戸から大きなバケツいっぱいの水を2杯汲み上げ、入浴するのに使います。きれいな制服に着替え、丁寧に髪を櫛でときポニーテールにし、木造の家の階段を降りていきます。いつもであれば学校まで30分自転車をこいで向かうのですが、今日はいつもとは違います。シェムリアップのどこかで、アメリカのファーストレディが起床し、Phounamや彼女のような女の子たち9人と会う準備をしているのです。
その女の子たちは全員ルーム・トゥ・リードの女子教育プログラムに参加しており、中等学校の始めからサポートを受けています。今、彼女たちは卒業を控えていますが、この岐路まで来れたのは彼女たちの村の中でもごくわずかな人数です。事実、カンボジアではわずか36%しか中等学校に通う女子生徒はいません。そして全国の生徒の20%しか卒業していないのです- その内のわずか4分の1が女の子なのです。
“【ファーストレディ:Michelle Obamaの教え】Room to Read Blog(English)記事紹介シリーズ”の続きを読む

【ストリートハラスメントの対処方法を知る女の子】Room to Read Blog(English)記事紹介シリーズ


Rajkumariの住むNagla Maiから中等学校のある隣村Maiへの長い道程を不安に思ってしまうのは距離と酷暑だけではありませんでした。
日々、隣村のある男の子が彼女が通る度に卑猥な言葉を投げかけて困らせていたのです。多くの女の子がそういった言葉にただ無視を決め込んでいましたが、Rajkumariは男の子に立ち向かっていきました。彼女はそのような無礼な態度に我慢ならないと彼にはっきりと伝えました。しかしながら効果は無く、彼はハラスメントを止めませんでした。
ルーム・トゥ・リードの女子教育プログラムの一環で、Rajkumariは生活スキルについて学ぶクラスに出席し、自信、自尊心、イニシアチブ、不屈の精神などのトピックをディスカッションを通して学んでいました。そこでRajkumariは彼女自身の問題を議題に挙げました。
ソーシャルモビライザーと呼ばれるプログラムを担当するメンターは、女の子の欠席や苦労について知るためや、両親から提示されたチャレンジを処理するため時々家庭訪問を行う必要があります。今回の場合、Rajkumariと結束したグループ全体でその男の子の両親に彼の言葉の虐待について話すため家庭訪問を行う事を決めました。
驚く事に、彼の母親は耳を貸さず、グループ全員を家から追い出したのです。 “【ストリートハラスメントの対処方法を知る女の子】Room to Read Blog(English)記事紹介シリーズ”の続きを読む

【1000万人到達を祝って】

11月13日、1000万人の到達を祝い行われたパレードには、雨の中沢山の人々がお祝いに駆けつけました。 雨となった祝福の日、ルーム・トゥ・リード・カンボジアのカントリーディレクターであるカール・カンは言いました。 「カンボジアでは、雨は幸運の前兆だと言われています。きっと今日の雨は、ルーム・トゥ・リードの支援を受けた1000万人の子どもたちと、これから支援していく何千万人もの子どもたちの幸運を意味しているに違いありません!」 創始者ジョン・ウッドは、「ルーム・トゥ・リードを創立した15年前、私たちは2020年までに1000万人の子どもたちへ教育の機会を届けるという大胆な目標を立てました。そして優秀な人材と卓越したプロセスにより、5年早く目標を達成することが出来ました。けれども、まだやるべき事があります。明日、私たちは仕事に戻ります。なぜなら2020年までに1500万人の子どもたちを支援するという新たな目標があるからです!」と決意を新たにしました。 また、「教育を通してより明るい未来を築くための準備ができた若者が世界に1000万人増えた事になります。それでもまだ、2億5千万人の子どもたちが十分な教育を受ける事が出来ずにいます。私たちの世代でこの識字問題を解決することが、私たちの責務なのです」と、共同創立者でありCEOのエリン・ガンジュは語りました。 お祝いに駆けつけた人々と握手を交わすカール、スピーチを行うジョンやエリン、そしてシェムリアップで学ぶ子どもたちの写真をぜひご覧ください! ▼Room to

Read Facebook(Official)(英文)の記事、写真は、こちらから https://www.facebook.com/roomtoread/posts/10153751141518011

シェムリアップで学ぶ子どもたち
シェムリアップで学ぶ子どもたち

【ルーム・トゥ・リード、1000万人到達おめでとう!】


米国時間の13日、アジア、アフリカの1000万人の子どもたちに教育を通じて、影響を与えるという目標を達成しました!

“If you’re a Room to Read supporter or volunteer , we have 10 million
reasons to thank you and to celebrate.”
— John Wood
『ルーム・トゥ・リードのボランティアやサポーターの皆さん、1000万人分の理由で、皆さんに感謝します!』
(創設者ジョン・ウッド)

今までルーム・トゥ・リードを支援して下さった皆様も、私たちと共に、目標の達成を祝ってくださればと思います。
皆様のご支援があったればこそ、1000万人の子どもたちは、彼らの人生を良き方向に変えることができたのですから。

▼Room to Read Facebook(Official)(英文)の記事へは、こちらから
https://www.facebook.com/roomtoread/posts/10153750777993011:0