Beers for Booksのお知らせ @ Benny’s Place in 横浜

Beers for Books

[English]

次のB4Bはいつですかぁ?という多くの声にお応えして♡
今回は、8年前にRoom to Read湘南チームが初めてB4Bを行った思い出のお店に、またご協力頂けることになりました。

Beers for Books(B4B)はRoom to Read をサポートするプログラムのひとつです。
素敵な人達と素敵なレストランでお食事をしている間に、発展途上国の子ども達に教育資金をプレゼントすることができます。
この日、皆様がドリンク(ソフトドリンクを含む全てのドリンク)をオーダーされる度に、カンボジアの子ども達がずっと大切にできる本1冊を作るための100円をBenny’s Placeさんが寄付してくださいます。
どなたでも何時からでもご参加いただけます。お食事をして頂くことが社会貢献に♪
皆様お誘い合わせの上、是非お出かけください。
<グラスに飲み物が注がれるたびに、子ども達の本棚がいっぱいになっていきます>

■日時:6月9日(金) 6:00p.m.〜1:00 a.m.
*予約は必要ありません。営業時間内で御都合の良い時にお越しください。
■場所:Benny’s Place ベニーズ・プレイス
横浜市中区石川町1-25 みつぼビル2F(JR石川町駅南口より徒歩5分)
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140105/14023546/

▼詳細は、こちらのFBイベントページで。
https://www.facebook.com/events/1787319438251810/

※このイベントは、ルーム・トゥ・リードのサポーター(ボランティア)による自主企画です。

“Beers for Booksのお知らせ @ Benny’s Place in 横浜”の続きを読む

《ソーシャルメディアチームのミーティングを行ないました!》


皆さん、GWいかがお過ごしでしょうか?
本日は、Room to Readソーシャルメディアチームのミーティングを行ないました。
今回の話題は、
今後のFacebookの運用や
SNS上での記念企画やイベントについて!
久しぶりの顔合わせでつい脱線することもありましたが、最後にはばっちり話を詰めることができました(←ここがメンバーの凄いとこ!)。
FacebookページのLike数も、
「7777」へと近づきつつあることもあり、
今後の展開がますます面白くなりそうです☆
皆さん、お楽しみに〜。

《Room to Read サポーターズナイト 〜ラオスからプログラム卒業生を迎えて〜 》

room to read
【ご報告】ご参加&温かいご寄付ありがとうございました!
21日(金)夜のサポーターズナイトにご参加くださった皆さま、誠にありがとうございました。
約80名の方々に参加いただき、あたたかく感動的な時間を共有することができました。
Q&Aの時間も素晴らしいご質問をたくさんいただき、ケイソーン(卒業生&ソーシャルモビライザー)もブニャン(女子教育プログラムマネージャー)の答えにもとても熱が入っているのを感じました。
また、当日、小さなボランティアの呼びかけに応えて、温かく募金をくださった皆さまに、心より御礼を申し上げます。総額1万7550円をお預かりさせていただきました。
これは1名の女子学生が半年サポートを受けるのに相当する金額です。本当にありがとうございます!せっかくなのでこちらはラオスの女子教育プログラムに充てさせていただきます。
なお、今回の会場のNagatacho GRID(https://grid.tokyo.jp/)は、Gaiax様に協賛して頂きました。ありがとうございました。

ご参加いただけなかった皆さまも、もう一度あのときの気持ちを思い出したい方も、ぜひこちらからケイソーンのメッセージをご覧ください。
▼Youtube:Meet Kaisone – ラオス女子教育プログラム卒業生ケイソーンからのメッセージ (約4分)
https://www.youtube.com/watch?v=AK10ADHGbAs&t=7s

room to read
ケイソーン、ブニャンを囲んで、参加した皆さまと一緒に
room to read
ケイソーンの、力強い素晴らしいスピーチ
room to read
熱い思いを込めて、答えてくれたQ&A
room to read
ブニャンから、ラオスでの活動状況の紹介
room to read
小学生ファンドレイザーJunya君からも、見事なジャグリングの披露
room to read
会場は、Nagatacho GRID の地下1階 Space0

【女子教育プログラムの卒業生ケイソーンと松屋様を訪問】


ラオスから女子教育プログラムの卒業生ケイソーンと職員が来日。2008年から長年の支援パートナーである老舗デパート松屋様を訪問させていただきました!
いつもお世話になっている販売促進部の皆様、そして松屋銀座の責任者の方々が、ラオ語で「ようこそ日本へ」と温かく迎えていただきました。またケイソーンの希望をくんで、着物売り場を案内してくださいました。
松屋様は「お客様と共にできる支援を」と、毎年のクリスマスシーズンに販売するチャリティピンバッチの売上から寄付をしてくださり、これまでに3室の図書室の他、何百名もの子ども達に教育を届けてくださっています。
松屋様と松屋のお客様からのご寄付は、教育を通じて子ども達、そしてコミュニティに変化をもたらしています。本当にありがとうございます!

▼松屋 社会貢献活動について
http://www.matsuya.com/csr/contribution/

寄付月間キャンペーンで参加募集した活動報告会(カンボジア編)を開催しました。

手書きしてみたクメール語の前で、参加した皆さんと。
手書きしてみたクメール語の前で、参加した皆さんと。

2月18日に、都内でルーム・トゥ・リードジャパンの活動報告会(カンボジア編)が開かれました。
昨年12月にJapanGiving上で行われた寄付月間キャンペーンにて、子ども達のために寄付をして、活動報告会への参加権を得て下さった方々をお招きし、和やかな雰囲気でのスタートです。
カンボジアでは軍事政権(クメール・ルージュ)統制下の記憶が、40代以上を中心に今も生々しく残り、教育の発展上でも大きな影響が与えられてきました。ルーム・トゥ・リードは、カンボジアの5つの州で、識字教育プログラムや女子教育プログラムを展開しています。
今回の報告会では、首都プノンペンから北に車で4時間ほどのコンポントム州の学校を訪れたルーム・トゥ・リード・ジャパンの今尾礼子が、授業の様子、子ども達や先生の姿、関係者から聞いた保護者の意識の変化や課題などを報告いたしました。
盛り上がったのが「なぜ2年間学校に通っても母国語であるクメール語を読めない子ども達が多いの?」という話題。
クメール語ってとっても難しいんですね!1000以上もの音があり、音と音を組み合わせた複雑な表記をするというお話しを聞いて、とても驚きました。外国人の私にはまるで芸術的なアートのようでした。

支援している学校では、公立の他の学校と比べて多くの子ども達が学習の成果を上げています。子ども達の頑張りにも感動をするばかりです。
ルーム・トゥ・リードの女子教育プログラムを受けた生徒が、自分たちで教えあい、学習を盛り上げていく「スタディ・クラブ」のお話や、村で読み聞かせボランティアをして小さな子ども達を楽しませている動画を見るなど、ルーム・トゥ・リードの各国のチームが独自で行っている話題もあり、活き活きと学ぶ子ども達の姿を知ることができました。
参加者の中には、世界の識字率の低さを知って調べ、見事な壁新聞を作った小学生がお父さんと一緒に来てくれていて、これからますます良い時代を築き上げていくことが出来る予感もいたしました。
活動報告会に参加された皆様、日頃よりルーム・トゥ・リードの活動を応援して下さっている皆様、本当にありがとうございます!

壁新聞の作者の小学生と一緒に。
壁新聞の作者の小学生と一緒に。

▼参加者の方が寄付(お申込み)くださったキャンペーンはこちら
http://japangiving.jp/c/15592
▼ルーム・トゥ・リードのカンボジアでの活動について
http://japan.roomtoread.org/our_programs/weherewework/cambodia.html