【 Action for Educationキャンペーン 展開中! あなたの参加を待ってます! 】

Room to Read Action for Education

ルーム・トゥ・リード・ジャパンは年末キャンペーンAction for Education をスタートしました。
世界には、7億人以上の読み書きができない人々がいて、小学校に通えない子ども達がおよそ5800万人もいます。貧困の連鎖は、教育によって断ち切ることができます。
Action for Education(アクション フォー エデュケーション )は、より多くの方に、何か自分ができる行動を起こしてもらい、日本からインド、カンボジア、南アフリカの3つの小学校に教育を届ける参加型ムーブメントです。

「何をすればいいの?」と、思ってるあなたへ
▼詳しくはこちらをご覧ください!
http://japan.roomtoread.org/donations/howto/actionforeducation.html

【ルーム・トゥ・リード・ラウンジ 10/27開催します! 今回は、特別編 “ Be the First Penguin! ” 】

Room to Read Active for Education
ルーム・トゥ・リード・ラウンジは、子どもの教育から世界を変えるために、ルーム・トゥ・リードが何をしているかをより深く知りたい方、関わってみたい方に向けたマンスリーイベントです。
10月27日は、「Be the First Penguin!」と題して、ルーム・トゥ・リードの年末キャンペーンActive for Educationに参加してくれる仲間を募集させていただく特別編を開催いたします!

Action for Educationキャンペーンは、ひとりひとりがアクションを起こして、みんなでカンボジア、インド、南アフリカの子ども達に教育を届けるプロジェクトです。
去年の年末キャンペーンでは、31ものファンドレイジング・プロジェクトが立ち上がり、年末キャンペーンを盛り上げていただきました。
自分がファンドレーザーとなってアクションをすることは、大変なこともあるけれど、それ自体が自分の新しいチャレンジになったり、皆さんのお友達や家族のアクションを生み出したり、さざ波のように喜びが連鎖していきます。
アクションしてみようかな、なにしようかな、一緒にできる人いたらいいな、という方、ぜひご参加ください。
外資系コンサルティングファームで活躍しながら、ライフワークとして女性に向けたキャリアコンサルタンティング『はたらく女性のかていきょうし』もされている多武 高博さんから、ご自身の経験も踏まえ、わかりやすくアクションを起こすABCをお話しいただく予定です。

■開催日時
2017年10月27日(金)19:00~21:00
■会場
株式会社セールスフォース・ドットコム セミナールーム
東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワー (JR東京駅 徒歩1分)
*ルーム・トゥ・リードのグローバルパートナーとして日本でも、世界中でもサポートをしていただいているセールスフォース・ドットコムの素敵なセミナールームを会場としてご提供いただいています!
*詳しい入館方法は参加者の方に、開催前日までにご連絡します。
■参加費
無料
※ 事前にAction for Educationキャンペーンの概要資料をお読みください!1分で読めます♪
https://goo.gl/2BD6nU
■申込方法
こちらのフォームにご入力をお願いいたします。
https://goo.gl/RXi4p8
■定員
25名様

また、11月10日の夜には、Action for Educationキャンペーンのキックオフイベントを、開催いたします! 共同創設者兼CEOのエリン・ガンジュも、4年ぶりに来日し、お話をさせていただきます。こちらも、ぜひご参加ください!
▼詳しくはこちらで
http://actionforeducation2017.peatix.com

【スリランカから子ども達の笑顔が届きました!】

Room to Read
図書室に掲げられた記念プレートと生徒達

昨年末の寄付月間キャンペーン2016「アジア・アフリカの2000人の子ども達に教育の贈り物を届ける」へ温かいご支援、ありがとうございました。
皆さまのご支援のおかげで、スリランカ ウバ州 バドゥッラ地区 ヒーロヤ村にあるスリ スマンガラ バイディーリャ小学校に、質の高い識字教育プログラムを届けることができました。
その学校の子ども達から笑顔の写真が届きました!
真ん中に手にしているのは、支援者の方からのメッセージがはいった記念プレートです。

この小学校のあるウバ州バドゥッラ県は、国一番の輸出製品である紅茶産業が盛んです。おなじみの、あのウバ ティの産地です。女性は、紅茶農園における主たる労働力として低賃金で雇用され、少女達も12歳から働くことが望ましいとされています。このような背景から少女が教育を続けることが困難となり、貧困の連鎖が続くひとつの要因となっています。この地域において、ルーム・トゥ・リードが活動を続けていくことは大きな意味を持つと考えています。

ご支援くださった皆さまへは、より多くの写真と詳しいレポートをメールでお届けしましたので、ぜひご覧ください。

今年の年末も、「Action for Education(アクションフォーエディケーション)」を合言葉に、みんなで南アフリカ・インド・カンボジアに識字教育を届けるキャンペーンを行いたいと思っています。
ぜひまた皆さまに応援をいただければ幸いです。

11月10日(金)には、Action for Educationキャンペーンのキックオフイベントを開催します。
共同創設者兼CEOのエリン・ガンジュも来日いたしますので、ぜひご参加いただき、今年のキャンペーンのスタートを一緒にきっていただけたらと思います。
▼詳細&お申込みはこちらで。
http://actionforeducation2017.peatix.com/

▼昨年末の寄付月間キャンペーンについては、こちらをご覧ください。
http://roomtoreadjapan.org/2016/12/giving_december_2016.html

Room to Read
空き教室をリノベーションをして、図書室も作られました。ここには、ルーム・トゥ・リードが寄贈したシンハラ語の本 計1,920冊も並んでいます。