第三回ルーム・トゥ・リードラウンジ開催! 「文字だけで1000種類を超える!超難関言語カンボジアのクメール語の識字教育の現場と課題。」

参加者で集合写真
参加者で集合写真

 

こんにちは。

ルーム・トゥ・リードのボランティア・サポーター 榎本晋作です。

毎度大好評いただいているルーム・トゥ・リード・ラウンジ。

今回は、三回目のレポートです!

参加条件を「創設者ジョン・ウッドの本を読んだ事がある人」とさせていただいていたので、参加者が集まるかどうか心配なところでもあったのですが、3回連続の満員御礼で一安心でした!

 

※前回の様子はこちらです。
第二回ルーム・トゥ・リードラウンジ開催! 「字が読めるだけが識字教育のゴールではない?」ベトナムの教育的課題とは!?

 

※ルーム・トゥ・リード・ラウンジとは?

======================================================

ルーム・トゥ・リード・ラウンジは、子どもの教育から世界を変えるために、ルーム・トゥ・リードが何をしているかを知りたい方、関わってみたい方に向けたイベントです。

毎月、ルーム・トゥ・リードの活動全般についての話と共に、毎回違うテーマやスピーカーのお話しもさせていただいてます。

======================================================

 

■【写真で紹介!】イベントの様子

今回の司会はオーストラリアの大学に通うインターン生 パーカー愛美ちゃん
今回の司会はオーストラリアの大学に通うインターン生 パーカー愛美ちゃん

 

カンボジアの教育状況
カンボジアの教育状況について説明する職員 今尾。カンボジアでは小学校の数に比べて中学校からは数が少なくなり、中にはとても長い距離を経ないと学校に通えない子どもいるそうです。

 

ルーム・トゥ・リードのカンボジアでの取り組みについて説明中。ルーム・トゥ・リードは特に女子の高等教育への進学率が低い事から女子教育に力を入れています。
ルーム・トゥ・リードのカンボジアでの取り組みについて説明中。ルーム・トゥ・リードは特に女子の高等教育への進学率が低い事から女子教育に力を入れています。

 

プレゼンのスライド
プレゼンのスライド

 

ルーム・トゥ・リードジャパンの活動について紹介
ルーム・トゥ・リードジャパンの活動について紹介。最近、認定NPOを取得しました!

 

カンボジアの小学校1年生の識字レベルの効果測定のスライド。カンボジアの学校全体では平均15単語、ルーム・トゥ・リードの支援校は1分間で26単語だそうです。
カンボジアの小学校1年生の識字レベルの効果測定に関するスライド。カンボジアの学校全体では平均15単語、ルーム・トゥ・リードの支援校は1分間で26単語だそうです。

 

質疑応答中。
質疑応答中。

 

■文字だけで1000種類を超える!超難関言語カンボジアのクメール語の識字教育の現場と課題。

クメール語について説明する今尾
クメール語について説明する今尾。一番左側の文字です。

 

今回のテーマは、カンボジアの教育!

職員の今尾が、カンボジアの学校を訪問した際に知った現場の様子についてレポートをしました。

みなさん、カンボジアの母語をご存知でしょうか?

そうです。上の写真の一番左側の文字を使われる「クメール語」です。

このクメール語、見て分かる通り、実はとても難しい言語と言われています。

なんと、子音で33種類、母音で23種類!

これが組み合わせて1つの文字ができあがるので、33×23=759(種類)の文字が存在します。

そして、特殊音を含めると1000種類を超えるそうです。。。

英語のアルファベットが26種類ですので、これは自分にとっても大きな驚きでした。

クメール語の文章。文章間の切れ目が少ない。
クメール語の文章。文章間の切れ目が少ないそうです。

 

また、クメール語にはその他にも

・1000文字を超えるのは音(表音文字)
・文字と文字を組み合わせてできるのが単語
・なので、文字だけ覚えても単語は読めない
・文章内の単語と単語の切れ目がわかりずらい

など、難易度がさらに高くなる要素が多くあるそうです。

「でも、カンボジア人なら母国語だからそんなに難しくないのでは?
(Facebookでも結構普通に打っている人多いし。)」

とお思いの方もいらっしゃると思いますが、実は一概にそうでもなく、カンボジアの小学校ではクメール語教育が課題となっているそうです。

例えばルーム・トゥ・リードの支援している学校では、小学2年生での子どもが1分間に45単語を読める子が34%いるそうです。

これ自体は、カンボジア国内でも、ルーム・トゥ・リード支援以外の学校と比べて数値自体は高いそうですが、今尾が強調していたのは、26%の1単語も子どもがいたこと。

同じ学校で教育を受けていても家庭的な背景や、それぞれの学習意欲の差など、様々な要素があり、このような差が生まれてしまっているそうです。

個人的な話になり大変恐縮なのですが、私自身、小学校の時は決して勉強ができる方ではありませんでしたが、さすがに小学校2年生段階では、普通にひらがなであれば、日本語の文章も読めるレベルではありました。

ただ、それはひらがな48文字(50音)やカタカナ、あとちょっとの漢字の話ですので、クメール語の1000文字となると・・・

そう考えると、小学生低学年で、『1000種類以上もある文字「クメール語」を学習するカンボジアの子ってすごいなぁ。』と思ってしまいます。

余談ですが、カンボジアと同じく東南アジアにある国「タイ」のタイ語の勉強を始めたのですが、クメール語ほどではないにせよ、全ての文字が絵に見えて、「ペンギンが大量にいるようにしか見えない・・」と早くも妥協し始めているところです・・。

 

ルーム・トゥ・リードが作っている現地語(クメール語)の絵本。現地の作家さんたっと一緒に作り、また難易度ごとに分かれているそうです。
ルーム・トゥ・リードが作っている現地語(クメール語)の絵本。現地の作家さんたっと一緒に作り、また難易度ごとに分かれているそうです。

 

また、今回のラウンジでは、このような課題に対し、今尾が

・生徒が生徒に教える、カンボジア独自の学習クラブ
・現地語での絵本出版
・ディベートを通してライフスタイル教育

などの取り組みを紹介していました。

私も、カンボジアの小学生たちに負けないようにがんばりたいと思います!

 

■ご参加おまちしております!

参加者で集合写真
参加者で集合写真

今回も、最後まで読んでいただきありがとうございました!

本イベントは定期開催イベントですので、次回の9月27日(水)19:00〜20:30で開催予定です!

今回、残念ながら予定が合わなくて参加できなかった方や、キャンセル待ちだった方、そしてルーム・トゥ・リードに興味がある方、ぜひご参加くださいね!

※告知はルーム・トゥ・リード・ジャパン公式Facebookページにて行ないます!

→ルーム・トゥ・リード・ジャパン公式Facebookページ

 

 

【Action for Education with Room to Read! ここから始まる私達のアクション】

Room to Read Action for Education

(日本語は後に続きます)

Great things happen when we activate our personal networks. At Room to Read, it’s in our DNA – our mission began when a few people saw a great need and reached out to everyone they knew for help. If you’ve been inspired by our stories of transformation, or are looking to get involved, please join that network on November 10th and get active for education!

Action for Education with Room to Read – FIRST STEP
Date: Friday November 10th 7PM – 9PM
Place: Ark Hills Café
With Keynote address
by Erin Ganju Co-Founder and CEO at Room to Read
Price: JPY4,500 per person online, includes one drink and buffet.
To puchace a ticket, please click http://actionforeducation2017.peatix.com/

For every drink you buy, Ark Hills Café will donate 100 yen on your behalf to Room to Read, that’s enough money to fund one high-quality local language book in places where they are most needed.

 

 
感動はいつも人との出会いの中にあります。ルーム・トゥ・リードのミッションも、ネパールでの出会いが本を届けるという決意を生み、友人達にサポートを求めたところから始まりました。出会いによって、行動が促されて、変化が生まれていく – 11月10日から、また新たな出会いとアクションの連鎖がスタートします。ぜひご参加ください!

Action for Education with Room to Read – FIRST STEP
アクション フォー エデュケーション with Room to Read – FIRST STEP
日時:2017年11月10日(金)19:00-21:00
会場アークヒルズカフェ
キーノート・スピーチエリン・ガンジュ(ルーム・トゥ・リード共同創設者兼CEO)
会費:おひとり4,500円(1ドリンク、ビュッフェ形式のお食事)
▼チケットは、こちらからお求めください。
http://actionforeducation2017.peatix.com/

会費に含まれるドリンク、および追加のドリンク1杯毎に100円がアークヒルズカフェよりルーム・トゥ・リードに寄付されます。100円は、子ども達が母国語で読める本を1冊分に相当します。

【ルーム・トゥ・リード・ラウンジ 9/28開催します! 】

Room to Read lounge

ルーム・トゥ・リード・ラウンジは、子どもの教育から世界を変えるために、ルーム・トゥ・リードが何をしているかをより深く知りたい方、関わってみたい方に向けたマンスリーイベントです。
9/28開催分のお申込みをスタートしました。

今回は、ルーム・トゥ・リードのカンボジアでの活動を詳しくご紹介しながら、教育問題に取り組む理由をお話しいたします。カンボジアのクメール語がどんな言葉もなのかも体験いただく予定です。
(*ルーム・トゥ・リード・ラウンジは通常同じテーマで2回開催しますので、9月28日は8月開催時と同内容になります)

お席と時間に限りがある関係で、創設者ジョン・ウッドの著書マイクロソフトでは出会えなかった天職』または『僕の「天職」は7000人のキャラバンになった』をお読みいただいた方、開催日までにお読みくださる方に参加いただきたいと思っております。
ご理解いただけますよう、どうぞよろしくお願いいたします。
ご参加を心からお待ちしております!!!

みなさまからの質問ももちろん大歓迎!
当日のご参加をスタッフ一同、楽しみにしております。

■開催日時
2017年9月28日(木)19:15~20:30(19:00:お待ち合わせ)
■会場
株式会社アイスタイル会議室
東京都港区赤坂一丁目 12 番 32 号 アーク森ビル
*ルーム・トゥ・リードの活動に賛同し、無償で会場をご提供いただいています。
■参加費
無料
■定員
12名様
■スケジュール
19:00 集合・入館手続き
19:15 オープニング
・「子どもの教育が世界を変える」ルーム・トゥ・リードの活動
・「カンボジア活動報告&クメール語体験」
・Q&A+ミニワークショップ
20:30 クロージング・終了

▼詳細・お申し込みについては、こちらのイベントページをご覧ください
https://www.facebook.com/events/2011664419068166/

▼前回の様子は、こちらをご覧ください
7月 - http://roomtoreadjapan.org/2017/07/supperters-event20170726.html
6月 - http://roomtoreadjapan.org/2017/06/supperters-event20170628.html

このイベントは、ルーム・トゥ・リードのサポーターがボランティアとして企画・運営をしているので、「どんな人がボランティアとして参加しているの?」「私にもできる途上国支援って?」と思ってる方にもおススメです。

《 ルーム・トゥ・リードを、応援したいけど、どうすればいいの? 》

Room to Read How to Support

ルーム・トゥ・リードを、応援したいけど、どうすればいいの?
そんな疑問をお持ちのあなたに、簡単で、すぐ出来る3つのこと、紹介します!
「❶チャリティイベントに参加」、「❷クリック募金(gooddo)」、「❸古本の寄付(ブックオフ)

☆☆ ❶チャリティイベントに参加 ☆☆
サポーターが企画するチャリティイベントに参加してみませんか?
自分自身も楽しみながら応援できる色々なイベントが、盛りだくさん!
初めての方でも、お一人でも、気軽に参加でき、すぐに仲良くなれます。
来週も、8/30に、素敵なイベント「Beers for Books in August」がありますよ♪
▼イベントの情報は、こちらのサポーターズ ルームをご覧ください。
http://roomtoreadjapan.org/category/event

☆☆ ❷クリック募金(gooddo) ☆☆
ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)のサイトで、毎日、クリックするだけで、子ども達に母国語の絵本を贈ることができます。(あなたの代わりにスポンサー企業が寄付してくれるので、無料です。)
▼こちらのサイトで、赤い「応援する」ボタンのクリックお願いします。
http://gooddo.jp/gd/group/roomtoread/
▼詳しい説明は、こちらをご覧ください。
http://roomtoreadjapan.org/2016/05/clicks_for_books_gooddo_2.html

☆☆ ❸古本の寄付(ブックオフ) ☆☆
読み終わった本をブックオフに送ることで、寄付できます。
ブックオフ オンラインのボランティア宅本便を利用すると、お店に行かなくても、自宅に居ながら、手軽に寄付できます。
不要になったCD 、DVD、ゲームソフトは、ありませんか? これらも対象ですよ!
▼寄付の手順は、こちらをご覧ください。簡単ですよ!
http://roomtoreadjapan.org/2015/12/bookoff.html

あなたのアクションで世界を変えましょう!
応援を、お待ちしてます!

《 Beers for Books in Augustのお知らせ 》

Room to Read Beers for Books

[English]

《 Beers for Books in August 》
グラスに飲み物が注がれるたびに、子ども達の本棚がいっぱいになっていきます!
8月生まれのサポーター4人で、Beers for Booksを開催いたします。
この日、皆様がドリンクをオーダーされる度に、1ドリンクにつき100円イープラス リビングルーム カフェ アンド ダイニングさんよりルーム・トゥ・リード・ジャパンに寄付され、ルーム・トゥ・リードの識字教育プログラムを通じて途上国の子ども達に1冊の本が届けられます。
素敵な仲間とお店でビールを片手に楽しい時を過ごしながら、子ども達に本をプレゼントしましょう!
お店に来て、飲んで食べて楽しんで頂くことが社会貢献に繋がります。皆様お誘い合わせの上、是非ご参加ください!

【日時】: 8月30日(水) 6:00p.m.〜10:00 p.m.
上記時間内の御都合の良い時にお越しください。
【場所】: eplus LIVING ROOM CAFE&DINING (イープラス リビングルーム カフェ アンド ダイニング)
渋谷区道玄坂2-29-5 渋谷プライム 5F 渋谷駅から徒歩3分
https://livingroomcafe.jp/
【参加方法】: お申し込み、参加費は不要です。当日はフロントにて「Beers for Booksに参加したい」とお伝えください。会場にご案内いたします。

※会費はありませんが、お店ではお一人様1ドリンク,1フードのオーダーをお願い致します。ドリンクのオーダー毎に100円の寄付になります。
会場にて、素敵な賞品が当たる抽選会のチケットも販売させて頂きます。このチケット代は全額寄付となりますので、ご協力頂けたら幸いです。

※このイベントは、ルーム・トゥ・リード・ジャパンのサポーター(ボランティア)による自主企画です。

Beers for Books とは:
Beers for Booksはルーム・トゥ・リードのボランティアサポーターが考えたシンプルで楽しい寄付の仕組みです。1ドリンクのオーダーごとに、サポーターとなって頂いたお店や企業から100円がルーム・トゥ・リード・ジャパンに寄附されます。その100円はルーム・トゥ・リードの識字教育プログラムを通じて開発途上国の子ども達に本1冊が贈られます。
識字教育プログラムについて:
http://japan.roomtoread.org/our_programs/whatwedo/local.html

“《 Beers for Books in Augustのお知らせ 》” の続きを読む