Meet Kabita from Nepal ネパールのカビタ「模範を示す」

[English]

Room to Read
カビタ : ソーシャルモビライザー(女子教育プログラムの卒業生)

カビタもかつて、女子教育プログラムの参加者でした。ネパールの多くの女の子と同じように、カビタは、両親が教育費を出す余裕がなかったので、幼い頃から結婚を迫られ、学校を中退しそうになりました。

彼女はどのようにして、ルーム・トゥ・リードのメンターとなるソーシャルモビライザーになったのでしょう。ソーシャルモビライザーとは、彼女自身が、何年も前に自分が教育を続けるのに役立った、まさにその仕事です。娘が教育のためにどのように戦ってきたか、カビタの母親から直接話を聞くことができました。また、カビタが現在サポートを行っている少女達から、ルーム・トゥ・リードの女子教育プログラムで学んだことをお話してもらいました。
*こちらの動画を、字幕設定を日本語にしてご覧ください。

「ライフスキルの授業のおかげで強くなりました」
カビタ
ソーシャルモビライザー(女子教育プログラムの卒業生)

 コロナ禍でもコミットし続ける

現在、ルーム・トゥ・リードのソーシャルモビライザー(メンター)として、カビタは自分と同じような境遇の女の子達が教育を受け続けられるようサポートすることに人生を捧げています。新型コロナウィルス感染症が発生し、ネパール全土の学校も閉鎖を余儀なくされた時も、カビタはルーム・トゥ・リードの全職員とともに、献身的に活動を続けました。

ルーム・トゥ・リードのソーシャル・モビライザーは、危機に直面した女の子達を支援するために、電話でグループや個人のメンタリングのセッションを提供し続け、自宅でも勉強を続けられるようサポートを行ってきました。ルーム・トゥ・リード全体として、2020年には26万5,400回以上の遠隔でのメンタリングセッションを女の子達に提供しました。

ここでは、学校閉鎖中にルーム・トゥ・リードの女子教育プログラムに参加している女の子達に、カビタがどのように連絡を取り続けてきたか、その一例をご紹介します。
*こちらの動画を、字幕設定を日本語にしてご覧ください。

ルーム・トゥ・リードの女子教育プログラムについてもっと知りたい方は、こちらをご覧ください。

現地報告:金融スキルを生かして、ロックダウン中に家族をどのように支えたか

ここ数週間の間に、COVID-19の制限のために教室を離れていた子どもたちが長期的に学校に戻り始めています。 しかし、いまだに約5億人の子ども達が教育へのアクセスを制限されており、これらの学校閉鎖が低所得層のコミュニティに与える影響は大きな結果をもたらしています。

学校閉鎖中のマヘーシャの挑戦は、世界中の少女達にも反映されています。マヘーシャはスリランカのアヌラーダプラに住む14歳の少女で、ルーム・トゥ・リードの女子教育プログラムに参加しています。

このコミュニティは主に農業を収入源とする地域で、低賃金です。彼女の父親も水田農家で、パンデミックが始まった時には収入の大半を失いました。低所得者層の家族にとって、日々の賃金低下は生活水準に大きな影響を与え、マヘーシャの家族は食料がほとんど手に入らなくなってしまいました。

マヘーシャはクレディ・スイスの「少女のための金融教育カリキュラム」で身につけた金融スキルを活用しました。 マヘーシャはまず、家族の予算と支出を把握し、電気代や水道代だけでなく、必需品以外も節約するようにしました。ロックダウン期間、家族の時間を有効に使うために、庭に野菜を植えて食費をさらに節約するようにしました。

これらのことは授業で学びました。そうでなければ、節約するために出費を減らす方法は考えられませんでした」と、マヘーシャはルーム・トゥ・リードのソーシャルモビライザー(メンター)に話しました。

マヘーシャは、特に危機的な時期に金融教育がいかに少女に力を与えるかを証明しています。 彼女は、未曾有の瞬間を乗り越えて家族を支え、彼女のスキルによって家族がより良い生活を送れるようにしました。 マヘーシャが学校に戻った後は、プログラムに参加している若い女の子同士でメンタリングを開始し、自分の経験から学んだことを伝えていきます。

少女のための金融教育プログラムは、クレディ・スイス、プラン・インターナショナル、アルフラトゥーン・インターナショナルとのパートナーシップにより実施されています。このプログラムは、2014年以来、金融スキルを身につけるための学校として、1,500校の学校で12万5,000人以上の少女達を支援してきました。

ルーム・トゥ・リードでは、世界中の少女達が中等教育を修了し、人生の重要な決断を自分で下すスキルを身につけることができるよう、多くの少女達を支援し続けます。女子教育プログラムについての詳細はこちらをクリックしてください。

現地報告:スリランカのニメシカのストーリー

Copy with Calloutポロンナルワの新しく開発された町や道路の向こうには、30年間続いた残忍な内戦の痕跡が残る村があります。この地域は極度の貧困に加えて、スリランカで最も乾燥した気候に悩まされています。村に入ると、過酷な生活環境が目の前に広がります。

ルーム・トゥ・リード女子教育プログラムの参加者である13歳のニメシカは、ここを「家」と呼んでいます。乾燥した気候のため、ニメシカの家族は近所の人にお金を払って毎日水をもらい、お風呂に入るためだけに歩いて近くの貯水槽まで行かなければなりません。頻繁に野生の象が暴れまわるこの状況では、裏庭で作物を栽培できません。

貧困がニメシカの教育を妨げていましたが、もうひとつの理由がありました。ニメシカの家族はスリランカの北東部にある先住民族の出身で、方言や生活スタイルは他の地域とは異なります。差別や経済的な問題から、ニメシカは社会やクラスメートから遠ざかっていました。

「誰も話しかけてくれないので、学校に行くのが嫌でした」
ニメシカ(スリランカ女子教育プログラム参加者)

ルーム・トゥ・リードは、2018年にニメシカがいる学校のサポートを開始し、ソーシャルモビライザー(少女達のメンター)のチャンドリカは、ニメシカが直面していた課題に注目しました。彼女はより攻撃的で非社会的に見え、教育を追求することはおろか、日常生活にもほとんど関心を示しませんでした。22日連続で学校に来なくなったこともありました。ニメシカが学校を完全に中退する前に、チャンドリカが行動を起こす時が来たのです。

不登校中に何度もニメシカの家を訪れたチャンドリカは、母親に会い、家族の苦難を目の当たりにしました。

ここは私の故郷ではありません。13歳の時に今の夫と駆け落ちしました。私は学校にも行ったことがなく、家族も行っていませんでした。なので、親の負担にならないように結婚するしかなかったのです。今では、夫は収入のすべてを酒に使ってしまい、私は自分が経験している虐待を説明することさえできません」とニメシカの母親は説明しました。ニメシカの両親は文盲であったため、ニメシカを学校に戻すように母親を説得するのは困難でした。彼らは教育の価値やそれに伴う機会を理解していませんでした。

説得の末、ニメシカはついに学校に戻ることができました。チャンドリカは、彼女が受講していなかったライフスキルの授業について、特別に個人指導を行いました。これらの授業は、ニメシカのコミュニケーション、怒りの対処法、基本的な衛生習慣を改善し、対人関係や社会的スキル、意思決定、自信を築くのに役立ちました。

これらのライフスキルの授業のおかげで、ニメシカの性格は時間の経過とともに徐々に変化し、学校での勉強に興味を持つようになりました。ルーム・トゥ・リードは、経済的な困難を取り除き、毎月のバス代を支給することで、二メシカの教育を後押ししました。

「今では学校に友達ができ、読み書きもできるようになり、とても幸せです」とニメシカは誇らしげに話します。「ルーム・トゥ・リードの先生方は、人との関わり方、親しみやすさ、教育を受けていれば将来は自分でお金を稼ぐことができることを教えてくれました。」

「将来は医者になりたいです」
ニメシカ(スリランカ女子教育プログラム参加者)

ニメシカのクラスの先生も、彼女の成長を見守っていました。「ニメシカは今では毎日学校に来ています。彼女が他の子ども達と交流しているのを見ていますから、もうみんなが彼女を無視することはないです」と満足しています。

ルーム・トゥ・リードのおかげで進歩したのはニメシカだけではありません。チャンドリカが何度も家庭訪問をしたことで、ニメシカのお母さんは子ども達の教育をもっとサポートするようになり、ニメシカの熱意はふたりの妹にも影響を与えました。ふたりは学校に行きたがっています。

ルーム・トゥ・リードの女子教育プログラムについての詳細はこちらをクリックしてください。世界中の少女達が中等教育を修了し、人生の重要な決断を自分で下すスキルを身につけることができるよう、多くの少女達を支援し続けます。

現地報告:ネパールのベストリーダー賞2020


9月1日の第16回ネパール国立図書館デーを記念して、スギスマ・カデルが、教育科学情報技術省から「ネパールのベストリーダー賞」を受賞しました。スギスマは小学3年生(9歳)で、ネパールのヌワコット地区にあるバルデヴィ・アダルブット小学校に通っていて、ルーム・トゥ・リードの識字教育プログラムに参加しています。彼女が通う学校の図書室はルーム・トゥ・リードの識字教育プログラムの支援を受けています。

スギスマは、図書室で296冊の本の貸出記録を更新し、今回の受賞に至りました。スギスマは、ルーム・トゥ・リードの識字教育プログラムを通じて、読書能力を高め、強化してきました。学校の図書室には、子ども達の母国語で書かれた質の高い児童書が揃っています。識字教育プログラムのファシリテーターは、生徒達に音読だけでなく、個々の読書に参加することを勧めています。図書室の本を借りて読むことで、スギスマの情熱はさらに深まりました。今では、自分で本を読むだけでなく、両親や弟妹に読み聞かせをすることも楽しんでいます。

ルーム・トゥ・リードの識字教育プログラムについての詳細はこちらをクリックしてください。皆様のご支援により、スギスマのような子ども達が生涯にわたって自立した読書家になるために必要なサポートができます。

ケイヤのストーリー -バングラデシュ    コックスバザールの女子教育プログラム生

Room to Read Keya
[English]

ケイヤのストーリー -バングラデシュ コックスバザールの
女子教育プログラム生

2020年5月18日
(原文はこちらです:https://www.roomtoread.org/the-latest/comic-relief-supporting-room-to-read-in-bangladesh/

 

ケイヤは、バングラデシュ南部の沿岸地域コックスバザールに住む少女で、ルーム・トゥ・リードの女子教育プログラムの参加者です。2017年、この地域は大規模な難民流入があり、ミャンマーから100万人近くのロヒンギャ難民を受け入れました。人口の急増は経済的、社会的緊張をもたらしていますが、コックスバザールの貧困と差別は、それ以前から長く続いているものです。教育はキャパシティを超え、経済的に困窮している家庭が多く、男女差別が深刻化しています。

その結果、この地域では社会や家族からの圧力により、児童婚や早期妊娠が多発しており、少女達は学校に通えなくなっています。ケイヤにとって、男女差別から逃れることはほぼ不可能でした。小学7年生のケイヤは、長年にわたって嫌がらせを受けていたのです。男性達からは、頻繁に路上で威嚇され、暴言を吐かれてきました。状況は、ある夜、彼女の部屋の窓を壊し、物理的に嫌がらせをするまでエスカレートしました。彼女の安全が脅かされただけでなく、次世代の少女達を助けるために政治家になる、という夢を実現するための教育が中断されてしまったのです。ルーム・トゥ・リードのライフスキルの授業を学ぶことは、ケイヤや他の少女達にとってとても重要です。ケイヤが直面した課題はこれだけではありません。 生理不順に悩まされていたのですが、学校に行かないよう圧力をかけられてしまいました。バングラデシュの特定のコミュニティでは、月経はタブーであり、その時期は少女達は家から出ることが許されていません。ある時、彼女のコミュニティは、医学を信じるのではなく、彼女を助けてくれる「地元の魔法」を求めました。ありがたいことに、コミックリリーフの「レッドノーズデー(*)」のサポートのおかげで、ケイヤは今、政治家になって地域社会をより良く変えたいという夢を叶えようとしています。
*「レッズノーズデー(赤鼻の日)」とは、コミック・リリーフが主催する英国発祥のチャリティイベントで、セレブリティやマスメディアのサポートを得て、笑いの力で子ども達を貧困から救うチャリティ活動。今年は5月26日に開催され、米NBCでスペシャル番組が放送されました。

昨年、ルーム・トゥ・リードの女子教育プログラムに参加してから、ソーシャルモビライザーが、様々な課題を乗り越えるためにサポートしてくれました。ソーシャルモビライザーとは、プログラムに参加している女子学生達を指導し、サポートを行う地元の女性メンター達のことです。Keyaや彼女のような少女達が遅れを取らないよう、ソーシャルモビライザーは、女の子が学校に通い続けることの利点と、一貫して出席することの重要性を地域社会に説得しました。ソーシャルモビライザーの支援を受けて、ケイヤのコミュニティは、女の子の安全と教育促進の重要性を理解しました。また、ケイヤは学校で成功し、直面していた課題を克服するための鍵となるスキルを学びました。今では毎日学校に通っています。

今では、ケイヤは、人生を変える力を持つ女子教育プログラムによって新たな道を歩んでいます。「私はここで、独立、自給自足、自立の方法を学びました。ハラスメントを避ける方法と、ハラスメントに声を上げる方法など、すべてのことをライフスキル教育のセッションで学びました。」


「独立、自給自足、自立の方法を学びました。ハラスメントを避ける方法と、ハラスメントに声を上げる方法など、すべてのことをライフスキル教育のセッションで学びました。」

Room to Read Keya